国際恋愛に秘められた3つのメリット【待遇改善編】

Menjoy / 2013年4月23日 18時0分

国際恋愛に秘められたメリットについてお伝えしています。前回の【スキルアップ編】では、日本人同士ではないからこそ得られるスキル面でのメリットを3つご紹介しました。良くも悪くも日本人であるというカテゴリに縛られていたら、そういうスキルアップは望めないでしょうね。

最近では海外と日本を行き来しながら仕事をするスタイルも多く見られるようになってきました。外国の人との接触する機会も増えています。そんな中、「せっかく好みの男性がいたのに……私には無理」と諦めるのはもったいないですよ!

今回も、“国際結婚の婚活プロデューサー”の松本直子さんに、国際結婚の待遇面での女性限定メリット3つを教えていただきましょう。

 

1:プリンセス扱いしてもらえる

「男性の女性に対する気遣いが、そもそも日本とは違います。外国の人は恥ずかしがらずにエスコートをしてくれるので、自分がプリンセスになったように感じられて幸せになれます」

プリンセスって、女性なら一度は憧れることがあるのではないでしょうか? お姫様抱っこや差し出してくれる手。日本でそういう風に振舞える男性はどれくらいいるのでしょう。

映画の中のヒロインになった気分を味わえるなんて、女性に生まれたからこそのメリットですね。

 

2:ワガママでも許される&褒められる

「日本では自分を主張しすぎる人、特にそういう女性は恋人から煙たがられる存在になりやすいですよね。でも日本では“ワガママ”と捉えられることも、海外では芯のある魅力に変わります」

どんな話でも「そうですね」と話に乗らなければ置いていかれるというのが日本の特徴ですが、海外では自分の思ったことを素直に主張するのが良しとされているようです。

もしかしたら人付き合いで疲れてしまう場面も減るかもかも!?

 

3:年齢で差別されなくなる

「海外は能力主義のところが多いので、若いからという理由だけで意見を言わせてもらえない、ということはありません。日本の“上の人には何も言えない”という状況とは違うので、良くも悪くも実力次第になります」

年功序列がまだまだ色濃く残っている日本の特色とは違うようですね。実力さえあれば年は関係ないというのは、少し怖い気もしますが、柔軟な考えを取り入れるには必要なことでしょう。

 

いかがでしたか? 国際恋愛に秘められた女性側にとってのメリットを、2回にわたって6つご紹介しました。前の【スキルアップ編】と合わせてみてみると、国際恋愛と日本人同士の恋愛との違いがよくわかると思います。

恋愛の対象を日本人に絞ることなく、積極的に色々な人と関わることが、“自分を伸ばすいい恋愛”を生む要素かもしれませんよ!

 

【恋愛専門家インタビューシリーズ】

腰掛け女にならないために!男性の先輩・上司にしてはいけないこと5つ

バッグに入っていると「彼にドン引きされる」NGアイテム6つ【後編】

超簡単!飲み会で確実に男を落とせる「ビックリ秘儀」5つ

男性が「こいつ口説きてえ!」ってなる6つのシチュエーション【後編】

出会いの場でうっかり口にするとドン引きされるNG発言9つ【3/3】

 

【取材協力】

※ 松本直子・・・国際結婚の婚活プロデューサー。Kaiwa-USAのCEO&パーソナルマッチメーカー。facebookは『松本直子』、HPは「国際結婚の婚活(女子限定) 幸せになりたい女性のためのブログ」、Twitterは、「松本直子?国際結婚の悩み相談受付中。 (KaiwaUSA_Naoko)

 

【画像】

by garryknight

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング