脱メシマズ彼女!超不器用でも胃袋を掴めるレシピ3ステップ

Menjoy / 2013年6月11日 18時0分

最近では“メシマズ嫁”なんて言葉がネット上を飛び交っていますが、みなさんはお料理は得意ですか? “男は胃袋をつかめ”とはよく言われますが、料理上手になるには、先天的な才能も深くかかわってくる気がします。

生まれつき不器用で、料理のような細かい作業は下手、手順を覚えたそばから忘れていく、狭い場所で動き回るとすぐ何かにぶつかる……そんな女性にとっては、キッチンはかなりのデンジャラスゾーン。たまに、女優さんなどがTVで、「お料理は無心になれるから好きです」と言っているのを耳にしますが、不器用な女性が、刃物も煮えたぎる油も火もあるキッチンで無心になったら、最悪命をとられかねません。

 

■ 不器用さんでも、メシマズ妻・彼女から脱出できる?

そんな気が抜けない戦場キッチンで、日々危険な戦いを繰る広げている“不器用妻”や“不器用彼女”でも、練習すれば、男の胃袋をつかむ料理は作れるものでしょうか?

正直かなり不安というか、いくら努力してもある程度までしか底上げできない気がしてなりません。そこで、“ある程度”の適性があればなんとか作れる簡単料理を、料理研究家に教えてもらえばいいじゃないか!と思い立ちました。できれば手順の少なく、細かい作業も無く、材料も少ないと助かります。さらに、夫や彼氏が関心するようなオシャレな見た目だったら言うことはありません……。

そんな面倒な質問を、元カフェ店長で、料理研究家としても活動する、高橋奈都子さんにぶつけてみました!

「それならぴったりのレシピがありますよ! びっくりするくらい簡単なのに、レストランでいただくみたいな素敵なお料理、ご紹介しますね」

と高橋さん。心強いですね! では早速“不器用さんの、彼の胃袋をわしづかみレシピ”を教えいただきましょう。

 

■ おもてなしもイケるお魚料理“真鯛の地中海風”

「では、ヘルシーな上におもてなし料理にもなる“真鯛の地中海風”はいかがでしょう?」

と高橋さん。地中海風? それってレベル高くないですか?

「いえいえ。本当に簡単なんです! 一度作ってみたらわかりますよ」

本当ですか? では早速教えていただきましょう。

 

■ 本当に簡単!しかも見た目も美しい

「1、オリーブオイルをしいたフライパンで真鯛などの白身魚を両面焼き、塩で味付けます。

2、そこに一口大にきったプチトマト、パプリカ、マッシュルームなどを無造作にいれ

3、白ワインをたっぷり注いで(魚一切れにつき100ml位)、蓋をして強火で5分くらい蒸します。なんともう出来上がり! 」

え? たったの3ステップですか?

「上にクレソンやパセリなどの緑色のものをのせるときれい。味付けは白ワインと塩のみなのですが、魚のだしがよ~く出ていて、びっくりするくらい味わい深いおいしさです。

白ワインは1本300円代のテーブルワインで充分! 盛り付けるときに、上に向かって高く盛り付けるのがレストラン風にするコツ。スープもバケットにつけて最後まで楽しんで。彼氏や旦那さんもぜったいに喜んでくれると思いますよ」

 

■ 超不器用主婦がトライした結果…

早速、自他ともに認める“超不器用主婦”の筆者もトライしてみました。結果……本当に美味しくできました!

切り物の不ぞろいさに不器用っぷりを発揮してしまいましたが、煮込んであるので目立たず、なおかつそれを差し引いてもあまりあるオシャレさ! 美味しさ! これは本当におすすめです。高橋さん、是非また教えてください!

 

いかがでしたか? 不器用だとついつい、苦手意識を持ってしまいそうですが、ムリせず簡単なお料理からトライすれば、少しづつお料理に慣れてくるかもしれません。味覚も視覚も嗅覚も心地よく刺激する簡単お料理で、彼の胃袋をガッチリつかみたいものですね!

 

【料理関連記事】

外国人の彼氏持ち必見!京都大学の無料レシピ集がすごい件

きゅんっ!体調を崩した彼が「あなたと結婚したくなっちゃう」最強レシピ

男性に「料理上手と思ってもらえる簡単メニュー」ベスト10【前編】

男性に「料理上手と思ってもらえる簡単メニュー」ベスト10【後編】

 

【取材協力】

※ 高橋奈都子・・・東京・赤坂で店長としてカフェ経営を経験後、料理研究家として活動中

「料理研究家・高橋奈都子の おうちdeかんたんおもてなし」

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング