やらかしそうな親なら注意!彼氏を初めて紹介する前にやるべきこと2つ

Menjoy / 2013年7月19日 8時0分

a0001_017486中学・高校生くらいの頃は、彼氏の家に遊びに行って夕飯をご馳走になるなんて時でも、「いただきまーす!」と気兼ねなく美味しく食べられましたが、年を重ねるにつれ、相手の親からの見られ方が気になってくるものですよね。

それは自分の両親を彼に紹介する時も同じ。以前であれば何も考えずに紹介できたのに、最近では、親に口止めしておかなくてはならないことも、年と共に増えていたりして……。彼氏も交えた“お食事会”の約束が入ったら、両親が何かしでかさないかどうか、当日まで胃が痛い日々が続くなんてことにもなりそうですね。

今日は、そんなハラハラドキドキな皆さんに向け、『リクナビ進学ジャーナル』の「彼カノを家に呼んだときの親の“珍”行動」記事を参考に、彼氏を自分の親に紹介する際に失敗しない方法について、考えていきましょう。

 

■やたらとハリキリ過ぎてしまう親には、事前に一言伝えておこう

「母親が高級メロンを持って部屋へ……」「お茶を持ってきて、部屋の前で母が転んだ」なんていうハリキリエピソード、昔の記憶にありませんか?

私たちは急激に大人の階段を上っていますが、母親はあまり変わらないもの。「大切なお客様が来るなら!」とせっせと準備を始める両親には、「大丈夫!いつものままで十分だから」と、事前に伝えておくのが良いでしょう。

 

■言って欲しくないことを口にしそうな親なら、アルバムを一緒に見返しておこう

彼の前ではなるべく可愛くいたい……との努力が水の泡に!? 大切な時こそ、「いつもはこんな子じゃないんですよ!」なんてNG発言を起こしてしまいそうなのが、普段あまり会話をしない父親ですよね。照れ隠しのつもりで何の悪気もなく取り出した昔話が、娘的には超NGだったなんでこともよくあるようです。

そんなことにならないように、事前に一度、親孝行だと思ってこれまでのアルバムを一緒に見返してみてはいかがでしょうか。具体的な写真を示して「この時のことは内緒だよ」とクギを刺しておけば、彼を呼んだ時も一安心です。

 

いかがでしょうか? 初めて彼を両親に引き合わせるときは、上記のことを踏まえつつ、一度事前に家族でリハーサルをすることは必須! 彼への対策ができるのはもちろん、両親自身もきっと喜んでくれるくれるはずです。是非、試してみてくださいね!

 

【関連リンク】

※ なんとマザコン男こそ「愛情ホルモン」たっぷりの理想的彼氏だった!

※ 否定してもムダ!彼に求めるものはやっぱり「自分のお父さん」だった

※ 父と娘は●●でつながっている!?嫁入り前の感情MAXのときに「本当に必要なもの」とは?

※ マエケン考案!「きょうだい」の有無でわかる恋愛診断とは?【後編】

※ 完璧主義のイクメンは「父親の自信を失いやすい」と判明

 

【参考】

※ 彼カノを家に呼んだときの親の“珍”行動 – リクナビ進学ジャーナル

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング