絶対禁句!美人でも稼ぎが良くても結婚できない女性の「悪魔の口グセ」3つ

Menjoy / 2013年7月23日 18時0分

容姿端麗で仕事ができ、収入は男性に引けをとらない“デキる”女性がいたら、「どんな男性とでも幸せに結婚できそうだなー」と想像するかもしれません。男性は女性を外見で判断しがちですから、上記のような女性は恋愛や結婚において、高い確率で幸せを手に入れられるでしょう。

でも、以前『Menjoy!』でも掲載された「たとえ美人でも男にドン引きされる「性格ブス」女性の特徴3つ」をみてもわかるように、美人だからと付き合ったのはいいものの、すぐに別れたくなるほど性格に難がある女性もいます。

今回は、これまでに1,000組以上の縁をつなげてきた“キューピッド”の橋本きよみさんの著書『ご縁の神様がこっそり教える、運命の出逢いをつかむ7つの法則』を参考に、“結婚が難しい”女性の共通点をご紹介します。

その共通点とは“絶対に使ってはいけない悪魔のような口グセ”を使うということ。さっそく見ていきましょう。

 

「どうせ」「いつかは」「誰だって」……悪魔のフレーズ3つ

<彼女によれば、
「だって橋本さん、どうせいつかは誰だって、お腹も出てくるし頭だって薄くなるじゃないですか?」
というのです。>

「どうせ」「いつかは」「誰だって」……この3つの言葉が口グセになっている女性は、1回目のお見合いのあと相手の男性からお断りの電話が入ることが多いとのこと。たしかに、デート中にこんな投げやりな言葉を聞いて気分を害さない人は少ないですよね。

「本当にお綺麗ですね」と言われ、「でもどうせいつかは老けますし」と返されたら、「そうですね」とも答えられません……。相手は口グセを聞いた途端に、“この人と結婚したら疲れそう”と感じるのではないでしょうか。

 

男性に対する思いの軽さ

<本気で「ご縁」を求めるなら、目の前にいる人としっかり向きあい、その人だから愛せる何かを見つけ出そうとする誠実さは最低限必要です。

それをしてこそ、その人との「ご縁」が本物かそうでないかも見えてくるのですから。>

結婚が難しいと感じる人は、そろって男性と真剣に向きあっていないとのこと。外見がよくない男性は、中身で勝負しようとしますが、(無意識だとしても)本気で相手を見ていない女性は、その人の中にある大切なものを探そうとしないということです。

男性がいくら相手に自分の長所をわかってもらおうと努力しても、全面的に受け止める気がない人が1回のお見合いでうまくいくはずがありませんよね。

自分や相手を大切にしない「どうせ」「いつかは」「誰だって」の3つの言葉は、今この瞬間にNGワードとして絶対に使わないようにしましょう。せっかくの出逢いを、この一言で潰さないようにご注意を!

 

【関連記事】

ズギャーン!一発で男を「萎えさせちゃう」女性の自爆フレーズ3つ

ズキューン!男に妄想させる魅惑フレーズ3選

 ※ 思い込みはNG!ハーフの男性に言っちゃいけない言葉8個【前編】

※ 思い込みはNG!ハーフの男性に言っちゃいけない言葉8個【後編】

※ 女はウソつき!? 男が思う「信用できない女の言葉」3つ

 

【参考】

※ 橋本きよみ(2013)『ご縁の神様がこっそり教える、運命の出逢いをつかむ7つの法則』(ソフトバンククリエイティブ)

 

【画像】

by Sparky

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング