プロ写真家が絶賛!男の心を打つ「女性の隠れた才能」5つ【前編】

Menjoy / 2013年7月23日 21時0分

女性にとっては「あたりまえじゃん!」なのに、世の男性にとっては「すごいじゃん!」と思わせるいろいろなことがあるようです。

今回は、ヌード写真その他、とにかく女性を撮影しまくっている写真家のGotaさんに、プロカメラマンさえも高く評価している“女性の隠れた才能”についてお話をお聞きしました。

あなたのあの才能、男性は計算ずくとは思っておらず、「すこいじゃん!」と思っているようです。さっそく見ていきましょう。

 

■1:いきなり二重まぶたになった!

「一重まぶただったはずの女性モデルが、“カメラを向けた瞬間”に二重になったことがありました。ふだんは間違いなく一重まぶたなのですが、女性の美意識って怖いですよね! 撮る瞬間だけ二重に整形されるんですから」

いきなり目の前でザリガニが脱皮し始めた……というくらい、Gotaさんにとっては驚きの“女性の才能”なんだそうです。

 

■2:盛り盛りメイクで「おはようございます」

「プロカメラマンとして“明日は撮影だから化粧は薄めで来てください……”と約束するのですが、8割の女性が濃いめの化粧で来ますね。こちらにメイクさんがいますのでどうぞご安心を(笑)」

女性の高い美意識に対する賛歌と言えるかもしれません。

 

■3:撮影前にコソコソ彼氏に電話をかける

「以前私がヌードばかりを撮っていた頃、巷で噂が立ったんですよ。“Gotaの前に立つと脱がされる”ってね。だから心配する彼をなだめようと女の子が彼に電話するんですね。健気じゃないですかぁ。好きだな〜」

女性の一途な想い。愛情をちゃんと言葉にするその姿勢に、男性はひそかに心打たれているようです。

 

いかがでしたか? いきなり二重になることも、心配する彼女に「だいじょうぶだからね」と言うことも、多くの男性はできない(やりたくても恥ずかしさが先に立ってできない)ことです。こういう細かい芸こそが、男心をくすぐると言えるのでしょう。ゆえに、こういう才能をお持ちの女性は、生涯その才能を大事になさってみてはいかがでしょうか。

プロカメラマンさえも高く評価している“女性の隠れた才能”について、引き続き【後編】でご紹介します。ご期待ください。

 

 【関連記事】

※ 整形級!誰でも「読モ以上」になれる盛りメイクを試してみた

※ 意外!?初デートに着てきた男性の服装で分かる、脈アリナシ診断

※ ダメな彼氏の値段もわかる!男の本質を見抜けるアプリ4つ

※ 赤=女の子の色はウソ!「男らしい男性ほど赤を好む」と判明

※ 激ヤバ!不倫恋愛すると「消えて無くなっちゃう」大切なもの5個

 

【取材協力】

※  Gota (こいしかわ ごうた)・・・写真家。1979年生まれ北海道穂別町(現、むかわ町)出身。札幌ススキノで4年間クラブに来る夜のお客を取材する。「酔った客こそ本来の人間の姿だ!」と悟り酔い人を撮り始める。それらをまとめた写真集『BOOTY PHOTO PRESS』はブログ『ブーティの裏』でオンライン注文が殺到。この時にお世話になったクラブの社長であるヒロコ・ポンス氏の父、故・原崎博氏はドイツより日本にカラーフィルムを広めた1人だとも言われる。現在は厚木市に移住。Deep横浜である“野毛”を取材中。同時に田舎の子供達や、シングルマザーの家族、それらをモノクロームで表現。現代のPOPな写真ではなく泥臭く人間臭い写真を好む。詳しくはブログで。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング