ムチャなお願いも大丈夫!彼に「いいよ」と言わせる交渉術【後編】

Menjoy / 2013年8月7日 21時0分

多少ムチャなお願いでも、彼に「いいよ」と言わせるとっておきの交渉術について、『「器が小さい人」から抜け出す心理学』の著者、ポーポー・ポロダクションさんに2回にわたって伺っています。

今回は、前編で紹介した2つのテクニックの“合わせ技”としても効果を発揮しそうな、心理学に基づいた会話テクニックについて紹介いたします。さっそくチェックしてみましょう。

 

■3:相手によってはデメリットも伝える

「なにか物を買いたい場合など、交渉する内容によっては、メリットとデメリットの両方を説明する場面があるでしょう。

その場合には、メリットだけを伝える“片面呈示”と、デメリットもあわせて伝える“両面呈示”があります。メリットだけを伝えたほうが有利に交渉を進められそうですが、実はそうとは限らないです。

交渉に慣れた相手や、賢い相手は、メリットだけ伝えられると不信感を抱きます。そんなに相手には、最初から両面呈示をして、こちらの真摯な態度をアピールしたほうがよいのです。

賢そうな相手には両面呈示を、単純そうな相手なら片面呈示をチョイスするのがいいでしょう」

まるで仕事のプレゼンテーション術のようですね。「要求内容を理解した上で自分主導で決断した」と思ってもらったほうが、男性側としても、気持ちが良さそうです。

 

■4:いますぐ決めてくれたら……

「もうひとつ効果的なのが“時間”を使うテクニック。

なにかお願い事をしたときに、“考えておいてね”と交渉の場を離れると、相手は色々と悩み出して、収集つかなくなることがあります。急いで結論を出す必要のない交渉であっても、“今日中に決めてくれるなら、私もここまで妥協するわ。でも、そうでないなら残念ながら妥協できなくなるよ”と宣言してみましょう。

相手は、時間があればより有利な条件で進めたいが、まったくゼロになるなら、多少妥協しても、いまある分を取りたい、という心理が芽生えるので、“しょうがないな、いいよ”といってくれる可能性が高まります。

この交渉術は色々な場面で、かなり効果的です」

不動産などちょっと値段の張るものを購入しようとする時に、営業マンにこのテクニックで迫られたことのある方は多いのではないでしょうか? 

営業的な駆け引きだろうなと思っても、大事な機会を失うかも、と思うと、つい乗っかってしまいそうになりますよね。強い誘導力を発揮しそうな、まさに王道中の王道テクニックです。

 

いかがでしたか? 恋に限らずあらゆる駆け引きに大事なのは、「相手の人に、気分よく、自発的に行動してもらう」ことではないでしょうか? 

彼に何かお願いしたい時は、今回ご紹介したテクニックを使いつつ、営業マンになったつもりで、相手にサービスする気持ちで交渉してみると、いい結果が得られそうですね。ぜひお試しください!

 

【取材協力】

ポーポー・ポロダクション・・・ 色彩心理、恋愛心理学、デザイン心理などに関する書籍を数多く執筆。雑誌『anan』では定期的に特集で恋愛心理の解説なども手がける。おもな著書に『使うための心理学』(PHP研究所)、『マンガでわかる色のおもしろ心理学』、『マンガでわかる恋愛心理学』(ソフトバンク・クリエイティブ) などがある。著書は日本だけでなく中国、韓国、台湾、タイでも翻訳され、中国ではベストセラー書になっている。ホームページは http://www.paw-p.com/

 

【参考】

器が小さい商事ホームページ

 

【画像】

by ポーポー・ポロダクション

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング