男にドン引きされている「日焼け対策やり過ぎ女子」の特徴5つ

Menjoy / 2013年7月31日 17時0分

「お願い、顔だけは……」。この時期、全国の女性たちが死にもの狂いで取り組む“日焼け対策”。街中に溢れかえる日傘は夏の風物詩でもありますが、ある時はサングラス、またある時はサンバイザーと、次々と秘密兵器を出すさまは、「何としても日焼けしてたまるか!」という本能がむき出しに。そしてその執念に満ちた行動は、密かに男性からはドン引きの対象になっているようです。

そこで今回は、『gooランキング』の「男性に聞いた! “やりすぎなのでは…?”と思ってしまう女性の日焼け対策ランキング」を参考に、男性からドン引きされる女性の日焼け対策行動をご紹介します。いくら美のためとはいえ、やりすぎは禁物です!

 

■1:塗りすぎて肌が白い

日焼け止めを塗りすぎて白浮きした肌を見ても、男性は「白くなってるよ」とも言えず、ドン引きさせるばかりか気まで使わせてしまいます。最近では透明のジェルタイプの日焼け止めも出ているので、ウッカリ白塗りは事前に防ぎましょう。

 

■2:まるで“MJ”

つばの長い帽子とサングラスで顔回りは完全防備、わずかな隙間から見える肌は日焼け止めで真っ白……。本人は完璧な対策にご満悦かもしれませんが、はたから見たらまるであの“キング・オブ・ポップ”。お出かけ前に、第三者の目で冷静に鏡のなかの自分を見てみましょう。 

 

■3:暑いのを我慢して長袖

涼しい半袖やノースリーブが着たいけど、日焼けはしたくない……。こんな葛藤、男性にはわかりません。季節に反した見るからに暑そうな格好をして汗をかきまくっている姿は、男性にとっては不自然きわまりないようです。

 

■4:人混みでも頑なに日傘

その日傘、道行くみなさんの邪魔になっているかもしれませんよ。自分の日焼け対策ばかりに気を取られ、周囲が見えなくなっている女性は、男性から冷たい視線を浴びてもしかたないかもしれませんね。

 

■5:近づくとクリームが匂う

近づくと、ほのかに漂ってくるのはあの独特な日焼け止めのニオイ……。その瞬間、男性からは「この子とは夏のアバンチュールないわ」と一気に距離を置かれてしまうでしょう。女性からはいい匂いがすると期待している分、日焼け止めのニオイをプンプン振りまいている女性には、余計萎えてしまうのではないでしょうか。

 

いかがでしたか? たかが日焼け、されど日焼け。もちろん女性にとって夏の日差しは大敵ですが、シミを防ぐばかりか未来の旦那候補まで防いでしまっては元も子もありません。この夏、思わぬ所で大切なチャンスを失ってしまわないように、やりすぎには気をつけましょうね。

 

【関連記事】

「コラーゲン=美肌」は間違い!肌にいい食べ物まとめ

※ 男が本気でドン引きしている「痛い女のメイク」まとめ

ビーチで男にドン引きされる水着女性の意外な特徴とは?

キャンプに着ていったら「この女イタすぎ」と引かれるNGファッション3つ

※ 103kgの恋愛カウンセラーが説く!「彼に飽きちゃった時」の正しい心構えとは

 

【参考】

男性に聞いた!「やりすぎなのでは…?」と思ってしまう女性の日焼け対策ランキング ― gooランキング

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング