思わず他人のフリ!街デートで着てほしくないカレの夏ファッション3つ

Menjoy / 2013年8月22日 20時17分

連日の猛暑が続くと、デートに出かける場所も、着ていくファッションを選ぶのも、一苦労ではないでしょうか。でも真夏のデートに着ていくファッションを選ぶのは、男性にとっても悩みどころです。

でも、もしカレがなんとなく決めて着てきたデートファッションが、彼女のあなたでも「うわっ、横に並びたくない……」なんて思ってしまうほどのひどいファッションだったら、せっかく暑い中デートしたとしても台無しですよね。

そこで今回はスタイリストの筆者が、絶対にカレにさせてはダメな夏のNGファッションについてご紹介します。こんなファッションをカレにさせないように、きちんとサポートしてあげましょうね!

 

■1:タンクトップ

上半身がタンクトップのみのコーディネートで街デートに現れると、いくら鍛えられた美しい肉体であったとしても、いくらおしゃれなタンクトップだったとしても、その露出度高めなファッションに、女性からの好感度は低くなってしまうでしょう。

特に乳首が見えそうなほどカッティングが深い無地ものなら、隣に並んで歩くことに気恥ずかしさを感じ、心も体も拒否してしまうという悲しいことになってしまいます。この猛暑でつい男性も薄着になりたいところでしょうが、街デートの時には、タンクトップの上にシャツを一枚着てもらいましょう。

 

■2:ビーチサンダル

ビーチサンダルにハーフパンツ、さらにストローハットなど、究極の“夏のリゾート”スタイルで街デートに現れると、女性としては「おしゃれな洋服をウインドウショッピングしようにも、場違いのようでお店に入れない」「ラフすぎておしゃれなお店に食事にも行けない」というマイナスな印象を持ってしまいますよね。

大人男性たるもの、TPOをしっかりわきまえて、街に浮かない、ラフすぎないファッションを心がけてほしいものですね。

 

■3:腰パン

パンツが見えてしまうほどルーズなシルエットの“腰パン”は、今も昔も“だらしがない”と不評な男性ファッションのひとつ。連日の暑さにより脚にまとわりつくパンツを嫌うがあまり、つい着崩し度合いがいきすぎてしまう傾向がありますが、そこはやっぱり大人男性として、ラフの意味をはきちがえないようにしてもらいたいですね。

 

以上、カレが着て現れたらドン引きしてしまいそうな、男性のNG夏ファッションについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

せっかくの街デート。「一緒に歩きたくない」なんて姿で現れないように、普段からカレへのファッション指導はぬかりなく行ってくださいね。

 

【関連記事】

思わずガン見!男がキュンキュン萌えまくる女性の水着の色ベスト3

痩せたのに「太った?」と彼に言われてしまう女性のNGファッション4つ

いくら美人でも!一瞬で男に嫌われる女性の見た目NG3つ

失敗できない!テーマパークでのデートで避けるべきヘア&ファッション4つ

※ 20~40代未婚男性が考えている「自分の恋愛アピールポイント」5つ

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング