ヤリ過ぎ禁物!男から見た「ケバい化粧」のパターン4つ

Menjoy / 2013年8月27日 8時0分

夏はメイクも崩れがち。暑い時期は、うっかりするとファンデもシャドーもなくなっちゃってる……。この季節にお化粧直しは必須ですよね。でも、ついメイクに気合いを入れすぎていませんか?

ナチュラルメイクがすっかり定着した昨今、「ケバい女は夜の世界だけで十分!」という男性も増えています。だけどケバくないくらいには化粧して、出来るだけ綺麗には見せたいという女心もあり……。その境目が難しいところです。

では、男にとって”ケバい”の基準はどこにあるのでしょう? そこで今回は、女性のための総合ポータルサイト『ウーマンエキサイトコラム』で紹介されていた「あなたは大丈夫? 男のいう”ケバい”基準って?」を参考に、男目線から見た”ケバいNGメイク”について具体例を4つお伝えします。

 

■1:派手なリップ

ファッション誌の中のモデルさんたちは、みんな真っ赤でプリプリの唇をしていますよね。でもアレを実社会でやると、まわりには一気にハデな化粧をしている風に見えてしまいます。

メイク自体はいつもと同じなのに、赤い口紅を塗っただけで「あれ? 今日メイク濃いね」と言われることも。派手なリップは夜のイベントだけで十分。男にとっては透明なグロスを塗っただけの自然色でツヤツヤした唇の方が、キスしたくなるようですよ。

 

■2:青いアイシャドー

同アンケートによると、どうやら男は“肌の色に馴染まない色”に引いてしまう傾向があるようです。確かに女から見てもアイシャドーがキツい女には”頑張ってる”感を抱いてしまいますよね。肌にうまく馴染みながらも自然に陰影を付けてくれるピンク系や淡いブラウン系のシャドーを使うのがいいとのこと。

ただし、男にとってキラキラだけは特別。男はキラキラが大好きです。自然な色の仕上げにラメの効いたシャドーをほんのり上乗せすると目力が格段にアップ。また、下まぶたの目尻部分に少しブラウンを乗せると自然な感じで垂れ目メイクが完成します。

 

■3:”いかにも!”な香水

男が一番好きな香りは、実は”せっけんの香り”です。キツい香水の女抱く印象は”保護者会”のようですよ。シャンプーとまではいかなくても、ほんのりいい匂いがするってくらいがベスト。

ここでの”ほんのり”で気をつけなくてはいけないのが、人間の鼻はとてもバカだということ。自分の匂いにはすぐに慣れて感じなくなってしまうのです。つまり、自分でもわかるくらいだととまわりはキツめになってるということ。ほんのちょっとシュっとするだけ、自分では感じないくらいの量がちょうどいい量ってことです。

”シャボンの香り”みたいなコロンも出ているので、自然な香りを探してみるといいかもしれません。

 

■4:つけまつ毛のやりすぎ

男にとってつけまつ毛って、ほんと不評なんですよね……。それでもやりたくなってしまうのが女ってもの。ドラッグストアでもついついバサバサした豪華なまつ毛を選びがちですが、ここはグッと我慢して、出来るだけシンプルで控えめなつけまつ毛を選んだ方が、モテ女としては正解。

同じつけまつ毛でも、まつ毛エクステの場合は随分と自然に見えます。

 

いかがでしたか? 綺麗に見せるつもりで頑張ったメイクなのに、それが返って男を遠ざけていたとしたら残念すぎますよね。あくまでも自然な化粧を心がけた方がいいみたいです。

でも、だからといって一日中化粧直しをしないっていうのもまた禁物。知らないうちに眉毛がなかったり、マスカラがパンダだったり……。お化粧ってほんと、難しいですよね!

 

【関連記事】

※ 熱ーい恋も瞬間冷却!彼に見放されちゃう「何気ない瞬間」5つ

※ なんと世界的に「最近の男はスベスベお肌ケアに余念がない」と判明

※ あきらめないで!フツー顔の女子でも「面食い男子」を落とせる方法4つ

※ これが男のホンネ!面と向かっては言えない「大嫌いな女」5パターン

 

【参考】

※ あなたは大丈夫? 男のいう「ケバい」基準って? – ウーマンエキサイトコラム

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング