なんと「健康的な食事をしている人ほど浮気しやすくなる」と判明

Menjoy / 2013年8月31日 19時0分

浮気してしまう男性は、“ただの女好き”なのでしょうか。それとも“優柔不断で意志が弱く、誘惑があると断れない”からなのでしょうか?

浮気をしてしまう男性の心理や行動については、これまで『Menjoy!』でも、たびたび取り上げてきましたが、そんななか、モンマス大学ナタリー・シロッコ准教授らの最新の研究では、なんと“健康的な食事が浮気をしてしまう原因になりうる”ということがあきらかになりました。一体どういうことか、紹介します。

 

■食事と浮気

シロッコ准教授らは、32名の大学生を対象にある実験をおこないました。それは、32名の参加者を、クッキーを目の前にして大根サラダを食べるグループと、大根サラダは食べずにクッキーを食べるグループに半分ずつ分け、その後、プライベートチャットルームで異性と会話してもらう、というものでした。

すると、大根サラダを食べていたグループのほうが、クッキーを食べていたグループよりも、チャットの相手からデートに誘われると承諾しやすい、ということがわかったのです。

これは、“何かを我慢しなければならない環境では、それ以外の我慢ができない”という可能性を意味しています。つまり、“クッキーが食べたい”という誘惑に勝つために、“異性からの誘い”という誘惑には負けてしまうということを意味しているのです。

 

いかがですか? 何かを我慢できるということは、意志が強いように思います。けれども、実際は一つのことは我慢できても二つ以上は難しいというのが人間のようです。

ということは、たとえば休日返上で仕事に一生懸命に打ち込んでいるときほど、あるいは食欲を我慢してダイエットに打ち込んでいるときほど、浮気の誘惑を断りにくくなる、ということも言えそうですね。十分気をつけましょう!

 

【関連記事】

※ この裏切り者!浮気者男子が多そうなチャラい大学トップ5

※ 浮気している彼氏がやりがちな「彼女への冷たい行動」2つ

※ この男ならひと安心?「浮気しにくい男性」の見抜き方3つ

※ 日本人の浮気率が調査で発覚!最もヤバい出会いの場は●●だった

 

【参考】

※ Natalie Ciaroccoら(2012)「 Hungry for Love: The Influence of Self-Regulation on Likelihood of Infidelity」( Journal of Social Psychology)

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング