楽屋の態度が最悪!? 石原さとみ「エリカ様」化の懸念

メンズサイゾー / 2012年6月13日 17時0分

写真

 清純派女子高生女優としてデビューした石原さとみ(25)が、この数年ですっかりエロくなったと評判だ。まず一皮ムケたのは、2008年にはつかこうへい作・演出の舞台『幕末純情伝』。女版の沖田総司を演じ、衣装の上からおっぱいを揉まれたり股間をイジられ、「感じやすくて悪いか!」と強がりながらも喘ぎ声をあげた。09年には初の月9ドラマ『ヴォイス~命なき者の声~』(フジテレビ系)でヒロインに抜擢され、収録の合間に共演者の生田斗真と手をつなぐなど親密な様子から「初の熱愛か?」ともウワサされた。そして翌年には、長身のイケメンカメラマンとの半同棲がスッパ抜かれ、一気に「オトナの女」へと変貌をとげたのである。

「優しいけれどドSのカレとの激しい情事で磨かれたともっぱらでしたね(笑)。加圧トレーニングやエステで魅せるカラダづくりを始めたのも、筋トレ好きなカレの影響だったようです。ブラジャーが嫌いで、仕事のとき以外はノーブラで過ごすと公言したり、過激な発言もするようになりました。事務所の猛反対で破局させられてしまったものの、カレとの恋愛を経て石原は自分の肉体にも自信がついたようです」(芸能記者)

 今年1月に公開された映画『月光ノ仮面』では、板尾創路に犯されるシーンでムッチリした真っ白な太モモを披露。清純そうに見えて実はエロい、という男の大好きなツボを絶妙に突くコツを、石原は心得ているようだ。公開中の主演映画『貞子3D』も興行成績好調で、7月からは月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)で小栗旬(29)とのダブル主演が決定している。女優として、かなり脂がノッてきたところだ。

 しかし、この好調ぶりがいけなかったのか、彼女が少々「天狗になっているようだ」という声も聞こえている。

 つい先日、千秋楽を迎えた舞台『ロミオ&ジュリエット』でヒロイン・ジュリエット役を演じた石原だが、舞台裏での態度がこれまでの「礼儀正しい良い子」から豹変してしまっていたという。「東京スポーツ」紙では、ある取材に仏頂面で現れた石原が、質問に対してひと言ふた言のコメントしか返さず、答える気がない質問にはスタッフに話を振って答えさせていたというひどいエピソードが、関係者によって暴露されてしまった。ロミオを演じる佐藤健(23)もイケメン俳優として高い女性人気を誇るだけに、共演者との仲はどうですか、などと聞かれるのも取材の定石なのだが、「共演者との仲? 私が興味持った相手なら話す」と言い放ったという。映画関係者も「公の場では明るくかわいい『石原さとみ』を演じてますけど、一歩裏に入れば、取り巻きのスタッフや目上の人たち以外には“上からさとみ”」と愚痴をこぼす始末だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング