AKB48が浴衣・水着姿で「接待」疑惑? 板野友美は不参加で…

メンズサイゾー / 2012年8月14日 18時0分

写真

 AKB48の篠田麻里子(26)が、大島優子(23)や前田敦子(21)らと共に「東京湾大華火祭」(今月11日開催)を観覧したことをブログで報告している。前田、大島、篠田の他にも小嶋陽菜(24)、横山由依(19)、峯岸みなみ(19)、北原里英(21)、高城亜樹(20)、仲川遥香(20)、大家志津香(20)、OGの野呂佳代(28)らが集まり、ホテルの一室から浴衣姿でにぎやかに花火を楽しんでいる姿が写真入りで紹介された。

 AKBの公演にて前田と小嶋が「一緒に花火大会を見たい」と約束し、前田と大島が主催になって実現したようである。レインボーブリッジが見える抜群の景観をバックに花火を観覧するという最高のロケーションで雰囲気が盛り上がると、“AKBのエロ番長”こと大島は峰岸とまるでレズカップルのような熱いキスを披露。さらにテンションが上がった大島は浴衣を脱ぎ捨て、水着姿で小嶋にキスを迫った。小嶋に拒否されると、水着姿のままベランダから花火を眺めるという暴走振りを発揮。みんな笑顔で楽しんでおり、前田の卒業直前に良い思い出づくりができたといえるだろう。

 友情が感じられる心温まるエピソードに思えるが、これに“引っかかり”を感じるファンや関係者もいるようだ。

「午後7時から8時20分までの花火大会に、これだけの主要メンバーが集まれたというのは不思議です。AKBのメンバーは事務所が別々ですし、ソロ活動で忙しいメンバーもいる。この時間に全員のスケジュールを空けておくというのは難しいのでは。わざわざ全員が浴衣に着替えて来るというのも出来過ぎですし……」(AKBファン)

 そこまでして集まったのは、本当に思い出づくりのためだったのだろうか? 何か他の目的があったのではないか、という穿った見方をしたくなるのも無理はない。

「AKBは以前から、業界の有力者やスポンサーに“接待”をしているとウワサになっています。接待のためのパーティーにタレントを呼んで仕事を有利に進めるのは、AKBの人気をつくり上げた広告代理店の得意技でもある。写真には全く男性が写っていませんでしたが、他にも誰かいた可能性はあるでしょうね。そういったパーティーから“営業”につなげていくという戦略もあるそうですから、疑惑が噴出するのも道理です」(芸能関係者)

 もし仮にそうであれば、大島は水着姿で有力者の接待をしたことになる。あの巨乳を揺らして迫られたら、どんなお願い事でも聞いてしまいそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング