一世を風靡した“過激”ジュニアアイドルたちの今

メンズサイゾー / 2012年10月14日 12時0分

写真

 一時期の大ブームを経て、すっかりアイドルDVD業界の定番ジャンルと化した「ジュニアアイドル」。かつては宮崎あおい、栗山千明もロリータ愛好家のアイドルとして人気を博し、本格女優へステップアップしてきた。ジュニアアイドルというジャンルは2000年代後半が全盛期だったわけだが、彼女たちの成功があるからこそ業界は栄えたといえよう。しかし宮崎や栗山のように女優へ転身できる少女はほんの一握り。あの頃、一大ブームを築いたジュニアアイドルたちは大人になった今、一体何をしているのだろうか?

 かつて露出度の高い水着姿などを披露し、人気を得ていた小林万桜(まお)は現在20歳。今年3月にブログで活動休止中であると報告しているが、そこから半年以上経った今も、ブログ自体の更新は続いている。グラビアおよび芸能界への復帰は考えられないのだろうか? 彼女の所属するオフィス福笑にたずねると、「あくまで休業中で、引退とか事務所をやめたというわけではありません」と、復帰を匂わせる答え。現在は、ダンスなどを勉強しているとのことだが、電話越しに今後の予定などを聞こうとしたところ「彼女はもう成人してるし、こちらから規制するのもアレかなと。それじゃ」と急ぐようにして切られてしまった。現在はブログで発信しているように、自分がやりたいことについて模索しているのだろう。ちなみに容姿は完全な「ギャル系」美人に進化している。

 次に、2007年に集英社の「全国女子高生制服コレクション」で準グランプリを受賞、「Hana* chu→」(主婦の友社)の専属モデルなども務めた鮎川穂乃果は現在18歳。今年7月に芸能活動を再開、ブログだけでなくTwitterも更新している。Twitterでは最後の高校生活を謳歌していることがうかがえるが、一方で芸能活動はどうなのだろうか。現在の所属事務所であるデュボンタンプロモーションの広報担当者から、は「今現在、告知できるような内容のものがございませんので、また何かありましたときに是非お願いしたいと考えております」という回答をもらった。高校卒業後に活動を再開し、再ブレイクする可能性もあるかもしれない。

 しほの涼は現在女子大生グラドルとしてDVDをコンスタントにリリースし続けており、また「Fカップ小学生」として一世を風靡した紗綾は、ますます巨乳に成長してグラドルとしてかなり名が売れてきた。桐嵯梨は小林さりに改名し、熊田曜子や安田美沙子を擁するグラビア大手のアーティストハウスピラミッドに移籍したが、最近は表立ったグラビア活動は少なく、舞台女優などの活動をしている。泉明日香は、一度は引退したものの、ファンに向けた撮影会などの活動をひっそり再開。保育士の資格を取るため勉強に励みながらも、細々とアイドル活動を続けているようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング