「ファンが胸を揉みまくっていた」ももクロのライブで痴漢事件!?

メンズサイゾー / 2012年7月17日 19時0分

写真

 5人組の人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ(通称ももクロ)」のライブが14日に神戸ワールド記念ホールで開催されたが、そこでメンバーに対する“痴漢事件”が発生したようだ。

 大盛り上がりとなったライブ終盤、代表曲の一つ「ココ☆ナツ」を歌っている最中にメンバーたちが客席の間を駆け抜けるパフォーマンスを披露。リーダーの百田夏菜子(18)と、黄色がイメージカラーの玉井詩織(17)が客席で炭酸ガスを噴射して会場を沸かせ、ステージに戻ろうとした。百田は何事もなくステージに戻れたが、客席通路を通った玉井の身体に通路側のファンの手が殺到した。

 ハイタッチなどのスキンシップであれば問題ないが、このボディータッチは度を越していたらしく、曲が終わるまで玉井はステージに戻れず。何とか戻った玉井は呼吸が荒く、明らかに怯えた表情になっていた。

 会場にいたファンたちのネット書き込みによると、「しおりん(※玉井)は顔や腕やオッパイを触られていた」「小太りのファンがニヤニヤしながら胸を揉みまくっていた」「痴漢した奴らは『触らな損やで』と言っていた」といった許しがたい行為が繰り広げられていたようである。さらに「しおりんはステージに戻ってから鼻を押さえていた」という証言もあり、ファンの手が顔に当たって負傷した可能性もありそうだ。

 スタッフ側も問題を認識したらしく、ももクロの衣装を担当する米村弘光氏はライブ後に自身のTwitterで「モノノフ(※ももクロのファン)の笑顔は…最高でした…(中略)ただ…正義感を放りかざすつもりはないですが…ほんの一部の心無い人の行為は…本人達を怖がらせてしまう事も事実です。このままだと…できなくなってしまう可能性もあるかも…デス」(原文ママ)と発言。この言葉からも、玉井をはじめとしたメンバーたちが痴漢行為に恐怖したことがうかがえる。

 一部ファンのマナーの悪さは言語道断であるが、運営側の演出ミスを指摘する意見も上がっている。客席通路は人がやっと擦れ違える程度の幅しかなく、フェンス等も用意されていなかったため、手を伸ばせば容易に触ることができた。メンバーたちや運営側はマナー違反をするファンがいないと信じたかったのだろうが、ポストAKB48といわれるほどの人気者に成長したももクロはファンが急増しており、どうしてもマナー違反をする者は現れる。AKBも握手会などでファンのマナー問題が発生しているが、ももクロも全てのファンを信じきることは難しくなっているようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング