過食症? 紺野あさ美ストレスで…アイドルよりもキツい女子アナの世界

メンズサイゾー / 2012年10月18日 15時30分

写真

 元モーニング娘。という経歴ながら、慶應大学に学び、昨年テレビ東京のアナウンサーに転身した紺野あさ美(25)。入社一年目にして同期入社の植田萌子(24)アナとの看板番組『もえ×こん』がスタートし、秋にはスポーツ情報番組『neo sports』を担当するようになった。しかし入社時はアイドル時代と変わらないふっくらした顔立ちと体型だった彼女が、昨夏頃から急激に痩せていると話題になっていた。確かに半袖カットソーから伸びる腕は折れそうなほど細く、ほとんど脂肪がついていないような状態で、かつて彼女を応援していたファンたちから心配の声が上がるほどだった。長袖を着用していればその異常な細さはわからないものの、首のシワや浮き出た鎖骨などが老女のようでもあった。

 だが今年の夏は昨年の激ヤセ状態から脱し、柔らかそうな二の腕も復活。それでも一般人の普通体型と比較すれば非常に細いが、不健康なほどの痩せ方ではない。昨年は今にも倒れてしまいそうだっただけに、ファンもホッと胸をなでおろしたことだろう。しかしそんな彼女の体型の変化に「過食症では?」と摂食障害を疑う声は今も途絶えない。というのも、10月上旬にある地方ローカル番組で、「某アイドルアナ」が来店した飲食店でカレーライスとライス付のハンバーグ、かぼちゃのデザート、チョコケーキなどを一人で注文し、食べていたという目撃情報が流されたのである。それだけならただの大食いだが、途中で何度もトイレに行っていたそうで、かつ彼女のバッグにはスナック菓子が大量に入っているのが見えたと、目撃した芸能レポーターが明かしていた。

 番組放送後から、「紺野のことでは?」と一部でウワサになっていたが、現在発売中の「週刊ポスト」(小学館)がこの女子アナは紺野だと裏付けるような記事を掲載している。それによれば、テレビ東京内で紺野の「大食いぶり」が話題になっているのだという。彼女の食べっぷりを目撃した人物によると、夜11時という遅い時間に飲食店で「“お一人様”なのにもの凄い量を注文」していたという紺野。その注文内容は「カレーライスに、ハンバーグとライスのセット、野菜のフリットにケーキ……、その上ドリンクはバナナジュース」と、前出の芸能レポーターの目撃談とほとんど同じだ。さらに同僚局員が「いつも持っているルイ・ヴィトンのバッグの中にスナック菓子がたくさん入って、いつもそれをパクパク食べているんです」とも明かしている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング