大島優子も脱退させるべき!? ISSA熱愛の増田応援に「お前が言うな!!」の猛反発

メンズサイゾー / 2012年11月30日 14時15分

写真

 AKB48の増田有華(21)が、DA PUMPのISSA(33)の自宅に「お泊まり」したという事実を認め、グループを脱退することとなった。増田は「軽率な行動を取ってしまった」とファンに謝罪しながらも、ISSAと恋愛関係にあるわけではないとし、「あくまでも、共演者の中の一人で 私にとっては、お兄ちゃんのような存在で、恋愛感情は一切ありません」と記している。ISSAにはすでに沖縄で同居生活を開始している婚約者がいたが、10月に破局。増田がISSAの部屋に宿泊していたことは「事実」である以上、婚約破棄に彼女の存在がかかわっていることは疑いようもないのだが……。

 29日深夜に、増田と同じ二期生でチームKを引っ張ってきた大島優子(24)は、この件についてブログで次のようにコメントしている。

突然のことなので驚きましたが、有華はもう大人です。
有華が決めた決断に何かを問うことはしたくありません。
キャプテンとして何も出来なかった無力さを感じています。
(中略)
有華の夢に向かって頑張り続けてほしいです。
有華、頑張ろう。

 しかし、このブログを「大島、増田にエール送る」として伝えたネットメディアの記事には、読者から辛辣な言葉が多く寄せられている。抜粋してみると、「お前が言える立場か!」
「大島も『お兄ちゃんみたいな存在』いるだろ」「よく言うわ、お前と同じことしてクビ切られてるのに」「お前こそ脱退しろ」など罵詈雑言のオンパレード。無関係な大島がここまで批判されるワケは、彼女もかつて男性との熱愛が報じられた際にその相手を「お兄ちゃんのような存在」と表現して釈明したことがあるからのようだ。

「ちょうど2年前の2010年7月、大島はウエンツ瑛士(27)との交際を、今回と同じく『週刊文春』(文藝春秋)にスッパ抜かれた。残念ながらツーショット写真こそ撮られなかったものの、大島がウエンツの自宅マンションを何度も訪れているという目撃情報と、帰宅途中の大島本人を直撃して『何度か彼(ウエンツ)の自宅を訪ねてますよね』『はい』と、ウエンツ宅への訪問をあっさり認めたコメントも掲載している。しかしこの記事が出ることを知ったAKBサイドと大島が所属する太田プロ、そしてウエンツが所属する天下のバーニングプロダクションの三者が結託し、『文春』発売前日に御用スポーツ紙を使って先手を打ったんです。スポーツ紙一面に大々的に『大島優子、ウエンツ熱愛!!』という記事を出させ、大島にブログでそれを否定させたんですね。そのうえで『文春』記事については完全無視。『文春』は惜しくも証拠写真がなかったために、ひどい記事潰しをされたわけです」(芸能記者)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング