あからさまな八百長・ドーピング!? NMB48「みる・さや」写真集対決のキナ臭さ

メンズサイゾー / 2012年11月30日 19時0分

写真

 NMB48のチームNキャプテンを務める“さや姉”こと山本彩(19)と、同じくチームN所属でAKB48のチームBも兼任する“みるきー”こと渡辺美優紀(19)による1stソロ写真集の売上対決が終結した。同日発売の写真集で売上を競い、勝者のみが回転寿司チェーン「スシロー」の全国放送CMに出演するというこの対決。12月3日付のオリコン本ランキングで、山本の『さや神』(集英社)は初週2.8万部の売上で2位、そして渡辺の『みる神』(光文社)が3.0万部で1位となったため、渡辺のCM出演が確定した。

 2,000部の差で渡辺が制したこの対決だが、結果発表と同時に、NMBおよびAKBグループのファンたちからは「あまりにも露骨……」と失望の声が上がっている。というのも、前評判こそ互角だったが、11月21日に発売されてからは「圧倒的にさや姉の方が売れ行きがいい」とのクチコミが広まっていたからだ。たとえばAmazonでは11月の本ランキングで、小説本や文庫、新書などを含めた他の書籍を抑えて『さや神』が1位。一方の『みる神』はSMAP中居正広の私服本や人気マンガ「ONE PIECE」の関連本、「とびだせ どうぶつの森」公式ガイドブックなどよりも下で7位だ。

「楽天ブックスでは、この一週間の総合で現在『さや神』が11位、『みる神』は25位です。紀伊國屋書店の11月第四週のベストセラーランキングでも、5位『さや神』、6位『みる神』。文教堂書店も同じ週の総合ランキングで4位『さや神』、7位『みる神』。いずれも山本の写真集の方が上回っていて、渡辺の方が上位に来ているのは他の書店ランキングでもほとんどない。ここまで大きな差がついているのに、最終的に渡辺が勝利となったのは、山本を推すファンにとっては納得しがたいでしょうし、渡辺のファンにしても不可解な気持ちが残るのでは。編集者仲間の間でも、『さや姉の圧勝だと思ってたのに変だね』という声がチラホラありますよ。ファンはネット上で最初から渡辺に勝たせるつもりだったのでは、と、八百長疑惑も議論しています。集計期間に渡辺側が大量購入してドーピングを図ったのではという見方も……」(出版関係者)

 渡辺は握手会でのファン対応やブログ・Google+などに載せる自撮り写真や言葉選びの巧みさから、「釣り師」と呼ばれている。今年の選抜総選挙では渡辺が19,159票獲得で19位、山本は23,020票で18位と人気は拮抗していた。だが渡辺の握手会人気は非常に高く、今もまだ人気上昇真っ最中だ。『さや神』の圧勝を阻止したい渡辺の熱烈なファンたちが、写真集を大量購入した可能性も考えられるが……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング