河西智美も卒業大喜びで「最近急にゴキゲンに」!! みんな逃げ出したいAKB48という泥船

メンズサイゾー / 2012年12月18日 15時30分

写真

 17日、東京ドームシティホールで開催された「第2回AKB紅白対抗歌合戦」の場で、AKB48チームAの河西智美(21)がグループからの卒業を発表した。「14歳の時からAKBに入って、たくさんチャンスをもらいました。ソロデビューも決まったので、自分の力でやっていきたい」と話し、前向きな卒業である様子だ。河西は今月26日にシングル「まさか」(日本クラウン)でソロ歌手としてデビューすることが決まっている。

「正直、『いきなり!黄金伝説』(テレビ朝日系)の逃亡事件が尾を引いている印象は受けました。でも河西はもうAKBとしての活動に意欲を失っていましたし、早く卒業してソロをやりたい意向があったので、事実上のクビだとしても本人は喜んでいます。もともと人見知りで、取材時は苦戦するメンバーの一人だったのですが、最近、妙に機嫌がいいなあなんて記者やカメラマンの間でも話題になってましたよ。河西と一緒のホリプロ所属である板野友美も同じく、このところ不機嫌な様子が減ってきて愛想良く振る舞っているので、彼女も来年卒業とソロデビューが決まっているのかななんてウワサされています」(スポーツ紙記者)

 AKBではこの日、ISSAとの“お泊まりデート”を撮られてグループ脱退となった増田有華(21)も卒業。また、先月末には佐藤夏希(22)も突然の卒業を発表し、12月1日付でグループを離れている。奇しくも旧チームKの創立メンバーで2期生である3人が同時期にAKBを離脱することとなった。今年夏に前田敦子が抜けてから、AKBは9期生以降の「新世代」をメインに育てる方向にシフトしており、世代交代を盛んに謳っている。すでに8期生は全員去っているが、7期以前の加入者で選抜常連でないメンバーの卒業が、このタイミングで加速しそうだとの見方もある。

「AKB人気がピークに達した今、顔を売ってもらえない非選抜メンバーは残っていても旨味がない。泥船が沈みきる前に、グループを抜けて一人のタレントとして、あるいは女優・歌手としてスタートしたいというのが本音でしょう。まだ高校生のメンバーは猶予がありますが、社会人になっているコたちにとっては死活問題ですからね」(芸能記者)

 しかし独り立ちしたとしても、順風満帆な活動ができるわけではない。彼女たちは「国民的アイドルグループ」であるAKBに在籍しているからこそ、テレビ番組やイベントに呼ばれたり、歌を歌うことができたりするのだ。そのトップに君臨していた前田敦子は、若手女優としてスタートを切っているが、「アイドルを6年やってきたものの、女優としては新人。でも本人もイチから修業を積むつもりで頑張っているので、今後、芽が出る可能性はあります」(前同)という状態だ。まして、前田ほど人気も知名度もないメンバーがソロとしてやっていけるものだろうか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング