箝口令発動! AKB柏木由紀の固すぎるガードは逆にマイナス?

メンズサイゾー / 2013年2月8日 15時0分

写真

 6日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に、Jリーガー2名とAV女優の明日花キララを含むメンバーで食事・カラオケを楽しんだことを写真つきで報じられたAKB48の柏木由紀。前週に峯岸みなみがGENERATIONSの白濱亜嵐宅に泊まったという記事が掲載された際には、ヤフートピックスにも関連記事が載り、さらに峯岸が「反省」の気持ちを込めて丸刈りにしたことで、ワイドショーやニュース番組でも取り上げられる大騒動となったが、柏木に関してはどの媒体も沈黙…この温度差は何なのか。

「峯岸は事実上、男女交際を認めた。一方の柏木は、食事会に参加したことは認めたものの、恋愛禁止ルールに違反するものではなかったと事務所が説明している。男性がいることは事前に知らされておらず、明日花とも面識はなかったと。峯岸の事務所も、『女性だけの食事会と聞いていた』とコメントしており、これらの話を鵜呑みにするなら、Jリーガーと接点があったのは明日花で、彼女が合コンであることを内緒にして友人である峯岸を誘い、峯岸が柏木を誘った…という流れになります。しかし柏木にとって知り合いが峯岸しかいない状況だったなら、峯岸が午前3時に帰宅した時点で柏木も一緒に帰れば良かったのです。朝7時まで峯岸不在で個室カラオケを楽しんでいたのは事実ですから…。そうした矛盾をどこも突かず、沈黙を守っているのは、柏木の件について事務所サイドから厳しい箝口令が敷かれているからのようです」(業界関係者)

 柏木は「文春」発売と同日の6日にソロデビューシングル「ショートケーキ」(YukiRing)をリリースし、東京「恵比寿ガーデンホール」で握手会を開催、マスコミの囲み取材にも応じた。だがこの現場ではマスコミ記者に対して、「絶対に週刊誌の話題には触れないように」とのお達しがあり、参加した全メディアはスキャンダルについて完全スルー。柏木本人もこの件に一切触れるつもりはないようで、自身のブログでも「みなさんに心配をかけてすみません」といったお決まりの謝罪文すら出さなかった。

「秋元康が彼女を特別気に入っているわけではないですが、所属事務所および彼女のためのレーベルをわざわざ作ったエイベックスは、なんとしても彼女を守り抜くと決めているようです。そこまで守ってもらえるのはタレントとしてはありがたいでしょうが、ファンは興醒め。素人っぽく親しみやすい外見と“処女キャラ”というのが最大のウリでしたが、実はバリバリの業界人だった…というのが見えてしまって、AKBファンは失望しています。これまでAKBべったりだった一部マスコミも、さすがに『こんな茶番に付き合い切れない』と、囲み取材に参加しなかったようです」(前同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング