暴露された元ZONE・MIYUの「イタすぎるカン違い」 再デビュー狙うも業界は冷ややか

メンズサイゾー / 2013年2月19日 19時15分

写真

 名曲「secret base~君がくれたもの~」(ソニー・ミュージックレコーズ)のヒットで知られるガールズバンド「ZONE」のボーカル兼ギター・MIYUこと長瀬実夕(24)が、今月13日付で所属事務所をクビになった。所属事務所が「著しい不品行及び度々の業務不履行」などによって彼女を解雇したと発表し、ファンの間では「薬物か」「暴力団絡み?」とさまざまな憶測を呼んでいたが、関係者や一部メディアによって徐々に全容が明かされ始め、その原因が長瀬の「超ワガママぶり」であったことが判明している。

 東京スポーツの記事によると、以前から「一度、機嫌が悪くなると会話もできなくなる。『や~めた!』と言い残して姿を消す」「自分にソロパートがない曲でもセンターの立ち位置を譲らず、他のメンバーとケンカになり、その場でギターを投げつけたこともあった」といった行状が目立ち、スタッフやメンバーを困らせていたようだ。決定的だったのは1月以降のドタキャン連発。長瀬は無断でライブやイベントをドタキャンしたが、その理由を明確にしなかった。事務所にしてみれば、楽しみにしていたファンやイベントのために動いた多くの関係者に合わせる顔がなく、激怒するのも当然といえる。また、長瀬が事務所を通さずに勝手に営業活動をしていたのがバレたというウワサもある。いずれにしろ、彼女が謙虚な姿勢を失い「カン違いアーティスト」化してしまったことが今回の解雇劇につながったようだ。

 現在、長瀬とは連絡がつかない状態になっており、所属事務所は解雇通知を文書で郵送したという。これによって、3月に予定されていたZONE出演のイベントはチケット販売中止になり、昨年12月から更新がなかった長瀬の公式ブログも削除された。全盛期は4人組だったZONEだが05年に解散し、11年に再結成するも長瀬とボーカル兼ベースのMAIKOの二人しか残らなかった。長瀬が解雇されたことによって、一人だけになってしまったZONEは実質的に活動休止状態になったといえる。

 ファンにとっては残念過ぎる突然の解雇劇になってしまったが、長瀬は親しい関係者に「R&B路線で再出発する」ともらしていたらしく、別の事務所からの再デビューを狙うようである。しかし、素行不良で解雇されたタレントが別の事務所に移籍し、うまく再起するというのは至難のワザ。彼女の再デビューはあり得るのだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング