堀北真希の処女説が崩壊!? 過去の恋愛遍歴と「今の恋」

メンズサイゾー / 2013年2月27日 15時40分

写真

 昨年はNHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』が大ヒットし、紅白歌合戦の紅組司会も務めるなど大活躍だった堀北真希(24)。ドコモ、サントリー、三井住友海上、クラシエなど大手企業のCM出演も相次ぎ、今年はヒロインを演じる『県庁おもてなし課』、主演の『麦子さんと』の2本の映画公開も予定されている。同じ所属事務所のツートップだった黒木メイサが結婚と出産で一時的に活動を休止したことにより、堀北はますます繁忙だといわれている。

 しかしどれほど忙しくてもプライベート時間はきっちり確保するタイプだという堀北、多忙な合間をぬって、およそ1年前に普通自動車運転免許を取得していた。28日から放送予定のスズキのCMに出演している彼女は、26日、CM発表会の場に姿を現し、「助手席はいつもマネジャー。景色のキレイなところをドライブしたい」と話した。さらに記者が「ドライブデートの経験はある?」と尋ねると、堀北は「そうですね。目的地は特に決めず、走ったりとか…」と、過去のデート経験をはっきり明かしたのである。

 中学二年生の時にスカウトされ、渋りつつも母親の後押しで芸能界入りした堀北。その後、共演者との浮いたウワサがありつつも決定的なデート現場を押さえられたことはなかっただけに、「一体、いつ、誰とデートを!?」と堀北信者は落胆していることだろう。

 なにしろ、黒木メイサの一件以降、彼女には事務所から「セックス禁止令」が出たとまでいわれている。オフでも5人体制でスタッフがはりついて、悪い虫が寄り付かないよう監視しているとも。いくらドル箱女優でも、そこまで人件費を割いて監視をすることはないだろうが、「恋愛は自由だけど、今はそういう時期じゃない」と口酸っぱく言われているようだ。となると、ドライブデートは10代後半~20代前半で経験したのだろうか。

「交際説が出たのは、亀梨和也や櫻井翔、小栗旬、オリエンタルラジオ藤森、伊藤淳史など。いずれも眉唾ですが、櫻井とは新宿二丁目のゲイバーで大盛り上がりで飲んでいる目撃談もあるので、仲は良いのでしょう。決定的証拠がないために、堀北には処女説がついてまわりますが、実際には芸能界で仕事をしていて24歳で処女というのはありえない。彼女と交際していたという業界スタッフもいますし、ベッドでの話も聞いてますし。それでも清純派のイメージを保っているので、美少女好きの業界オヤジウケは抜群。『人見知りなところがあって、そう簡単に打ち解けてくれない』という難攻不落なキャラ設定もウケるんでしょうね。偉そうにしているオジサマも、実は彼女の掌で転がされているようなものですよ(笑)」(週刊誌記者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング