公務員ゲットにいそしむアラフォーグラドルの悲哀

メンズサイゾー / 2013年3月3日 8時0分

写真

 『グラビアアイドルと合コン』……男なら、誰でも胸がときめく誘惑だが、その実態は意外と残念なものらしい。というのも、その一見夢のような体験をしたある男性が「散々だった…」と意気消沈しているところに遭遇したからだ。グラドルとの合コンを経験したのは、航空自衛隊の某基地に勤務するN氏(27歳)。彼は浮かない顔でコトの顛末を話してくれた。

 件のグラドル合コンが行われたのは昨秋。同期の隊員に誘われたN氏は、会場である個室のカラオケBOXで、美女の登場を今か今かと待ち望んでいた。そこへ「どーもー」と入ってきたのは、年の頃は30代後半、顔立ちはそこそこ綺麗なものの、ド派手なファーコート、ブランドバッグ、サングラスといったケバい出で立ちのおばさん集団だったそうだ。

「小岩のキャバ嬢みたいな集団が入ってきたから、最初、部屋を間違えたのかと思ったら、幹事のヤツがヘコヘコしながら『待ってましたー』とかいって拍手するんですもん。わけがわからなかったです」

 困惑するN氏をよそに、彼女たちはコートを脱ぎ、身体のラインが丸わかりのぴたっとしたスーツや、胸元がざっくりと開いたワンピースなど、イケイケモードの完全武装に変身。サービス過剰な温泉旅館のコンパニオンのように、男性の間に割り込み、身体を密着させながら、一気に盛り上げようという雰囲気になったという。

「とにかくノリがよくて、イッキだの王様ゲームだので盛り上がっていたんですけど、正直、母親に近い世代の人に『イェーイ!』って言われても冷めますよね(苦笑)。女性に恥をかかせちゃいけないと思って、こっちも盛り上がりましたけど、内心早く帰りたかったです。しかも酒が回ってくると、なぜか話題はAV女優…特にMUTEKI女優への悪口と、昔の自分の活躍話に。Jリーガー・野球選手・芸人に口説かれた話とか、興味ない上に痛々しくて…」

 とはいえ、彼の横に座ったKという名のグラドルは、まだ29歳とその日のメンバーの中では一番若かった。バツイチであるせいか、男性への接し方も他の女性陣のようにイケイケでもなく、軽く世話を焼いてくれる感じで、彼も気を許したそうだ。そこで、ちゃっかり二人はコンパを抜けだし、そのままホテルへ…。だが、この理想的な展開のあと、彼は再び地獄を味わったと明かす。

「ホテルに入ったら彼女は『じゃあシャワー浴びましょうか』と、ささっと服を脱いで一人で風呂に行っちゃった。僕は多少話して、盛り上がれば…みたいなのを期待したんですけど、これじゃあデリヘルでしょ(苦笑)。H自体も流れ作業的な感じで、いきなりフェラしてくるし、『はい、仰向けになってー』『おっぱい触っていいよー』とか上から目線で指図してくるし…。もう情緒もくそもあったもんじゃない。そのくせ、挿入すると、AVでももうちょっとリアリティあるだろうと思うような、わざとらしいあえぎ声。途中で笑っちゃって、結局最後までイケず…。それが彼女のプライドを傷つけたんだと思いますけど、『筋肉質なのにヘタレなんて信じられない』って怒られて、それっきりです。もうグラドルはこりごりですね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング