モー娘。道重さゆみがブッ倒れる寸前!? 激務に疲労困憊

メンズサイゾー / 2013年3月8日 15時10分

写真

 1997年にデビューし、メンバーを入れ替えながら16年もグループを存続させてきたモーニング娘。に再ブレイクの兆しがある。大ヒットとなった「LOVEマシーン」で時代を築いた同グループは、流行りモノの宿命通り、数年で「超人気アイドル」ではなくなったが、解散することはなくマニアックな固定ファンを抱えて地道にコンサート活動などを継続してきた。そして52枚目のシングルとなる最新曲「Help me!!」(zetima)が、オリコンウィークリーチャートで1位を獲得。3年8カ月ぶりの首位で売上は10万枚を超え、前回1位を取った39枚目シングル「しょうがない 夢追い人」(累積売上枚数約54,000枚)の2倍で、この点を見ても再ブレイクの予感は十分と言えるだろう。

 芸能界にもモー娘。ファンはチラホラ出現しており、ユースケ・サンタマリアが出演番組などで「他のアイドルは興味ないけど、今のモー娘。はすごくいい」と愛を語ったり、新曲のオリコン1位を受けて、道重推しのオリエンタルラジオ・中田が「モー娘。はカッコいい。何年かぶりに1位を取って感動した。道重さんリーダーになって頑張ってたのを知ってるし、人生って一回勝ったら勝ちじゃないし、一回負けたからって負けじゃない、ということを体現した」とラジオで話している。

 しかしその陰で、活動歴10年の年長メンバーたちに体調不良が相次いでいる。2月には「Help me!!」発売に伴う握手会などのイベントが予定されていたが、田中れいな(23)が高熱による体調不良で欠席、さらに十二指腸潰瘍と食道炎にかかっていることが発覚した。田中は昨年10月に開催された「世界握手会inパリ」も体調を崩し欠席している。そして田中と同期で現リーダーの道重さゆみ(23)も、2月から体調不良が続きファンから心配の声が上がっている。

 道重は1月中旬から足や手、顔にまで広がった蕁麻疹の症状に悩まされ、通院により治療を続けていたが2月になっても回復の兆しが見えず、同月16日のイベントを途中退席し、翌日のイベントは欠席していた。長い静養は取らず、すぐに仕事を再開した彼女だが、今度は2月末に「左目の結膜炎」を報告。そのうえ今月5日には「左が良くなったと思ったら、右目も結膜炎になっちゃった」とブログで明かしている。眼帯を装着して芸能活動に臨む彼女の姿は痛々しく、ファンならずとも心配になるだろう。ブログでは、結膜炎だけでなく「なんか今、体の左側がおかしーよー(笑)右側は、めーっちゃ元気なのに!!!!!!!!右と左とで違う人の体みたーい(笑)」と全身に妙な違和感があるとも書き込んでいる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング