島田紳助の寵愛を受けた戦隊ヒロインが大阪でフリーターに!?

メンズサイゾー / 2013年3月18日 8時0分

写真

 古くは玉山鉄二やオダギリジョー、最近だと水嶋ヒロや佐藤健、松坂桃李など、戦隊・特撮モノに出演することが人気俳優になるための王道と言われるようになって久しいが、一転して特撮出演女優の「その後」は、はなかなか厳しい。

 特撮モノに起用される女性の数は男性に比べて少ないため、単純に比較はできないが、ここ20年で見ても、さとう珠緒に千葉麗子、来栖あつこなど、特撮モノに出演後、女優業で大成したとは言い難い名前を数多く見つけることができる。

 それでも芸能界に居場所があるだけマシで、『爆竜戦隊アバレンジャー』(テレビ朝日系)のいとうあいこは建設会社役員と、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』(同)の福井未菜は元ジャニーズJr.とそれぞれ結婚し、ひっそりと芸能界を去っていった。

 そんな中、2010~11年放送の『天装戦隊ゴセイジャー』ヒロインを務めたさとう里香も、行方がわからなくなっている。彼女は08~09年に朝の帯番組のお天気キャスターをしており、当時大人気だった『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)で準レギュラーを獲得するなど、順風満帆な芸能生活を送っていた。3~4年前はデビューしたてにもかかわらずかなりの数のバラエティ番組に出演。『ヘキサゴン』では、Pabo(里田まい、木下優樹菜、スザンヌ)のヒットで気を良くした島田紳助が、新たなおバカタレントとして発掘した体で、頻繁に登場していた。

 しかし、さとうの“おバカ”については、当時から疑惑の声があった。

「Paboの3人は10代のから芸能活動をしていたり、高校中退だったりと、クイズ番組で珍解答をしても違和感はなかったのですが、彼女の場合は大阪の帝塚山大学に通う現役の女子大生だったんです。偏差値は学部学科によっては60台後半のところもある同大学で、彼女が通っていた学部は不明なので何とも言えませんが、現役女子大生なら同じクイズ番組出演でも“おバカ”より“賢さ”で売るのが常。テレビで見る彼女の回答が作られたものであることは否めないですよね。08年に同大学の学園祭に出演したロザン宇治原が出演番組で、同大学の関係者から『彼女のせいで大学の批判が落ちる』と愚痴られたと話したことも」(某放送作家)

 つくられたキャラクターを演じていたとしたら、それだけでもストレスだが、輪をかけて彼女を追い詰めたのは島田紳助からの猛烈なアプローチだったという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング