復活熱唱した華原朋美の泣き顔に「劣化した」「ヤマンバ」との厳しい声

メンズサイゾー / 2013年5月1日 18時0分

写真

 歌手の華原朋美(38)が、4月30日夜に放送された『火曜曲!』(TBS系)に生出演し、7年ぶりの新曲「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」などを熱唱した。代表曲「I'm proud」など元恋人・小室哲哉が手掛けた過去のヒット曲を集めたスペシャルメドレーでは、華原が歌い始めに突然号泣。歌が途切れ途切れになってしまう事態になったが、次第に持ち直して全盛期さながらの歌唱力を見せつけた。

 ネット上では、その時の表情に「感動した」「頑張ったね」などという声援が送られてたが、一部からは「泣き顔が放送事故」「劣化し過ぎだろ…」「ヤマンバみたい」という手厳しい意見も上がったようだ。

「華原は活動休止中に精神安定剤などを常用し、クスリ漬けになっていたと告白しています。錯乱状態だった時には、精神病院の閉鎖病棟で過ごしていたとも語っている。そのような環境が続けば、当然ながら美容にも悪影響が出てくる。肌は荒れ放題で見た目は年齢以上に老けこんでくる。実際、活動休止中の彼女は芸能人と思えないくらい容姿が衰えてしまっていた。同じ世代の一般人よりも老けていたといえる。それを考えれば、今はかなり持ち直した方だとはいえるでしょう。しかし、視聴者の頭の中には全盛期の“朋ちゃん”のイメージが残っているため、号泣した時にシワが目立った顔にショックを受けたのでしょうね」(芸能記者)

 天真爛漫で可愛らしかった朋ちゃんも、もう38歳の立派な大人の女。泣き顔にシワが目立っても年相応のはずなのだが、それを「劣化」と感じる視聴者も多かったようだ。

 華原といえば、95年から公私にわたるパートナーとして小室と交際していたが、99年に破局が発覚。直後に都内の自宅でガス中毒騒ぎを起こし、自殺未遂だったのではないかといわれた。その後は体調不良による休養と復帰を繰り返し、07年6月に所属事務所から契約解除を通告され、事実上の引退状態に。表舞台から消えた後も、09年にタクシーに乗ったまま急性薬物中毒で倒れて病院に担ぎ込まれ、翌年にもタクシー乗車中に意識もうろうとなって救急搬送される事態を起こした。小室との破局後に交際した実業家A氏(現在は元アイドルと結婚)からはDVを受け、週刊誌で華原自ら「DV地獄の日々」を告白したこともあった。

 番組では、彼女の不幸の始まりが「大物音楽プロデューサーとの破局」であったとハッキリ明言された。小室との破局をきっかけに、華原は精神のバランスを崩し、仕事もうまくいかなくなったという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング