「おれたちの深キョンが帰ってきた」深田恭子の“乳揺れCM”が「エロすぎる」と話題!

メンズサイゾー / 2013年6月5日 8時0分

写真

 先日、ルームシェアを題材にした映画『ルームメイト』で北川景子とともに主演を務めることが発表された深田恭子。今春に亡くなったミステリー作家・今邑彩の同名小説を原作に今秋公開予定という今作は、ルームシェアを始めた2人の間で起こる不可解な出来事を描くというもの。

 心理的な描写も多いであろう作品の映像化に、深田は「台本を初めて読んだ時、最後までどういう展開になるのか想像がつかず、その時感じた高揚感を作品の中でも存分に出せたらいいなと思いました。非常に難しい役柄ではありますが、ご覧いただく方々を騙せるよう、監督と相談しながら、楽しみながら、この役を演じたいです」とコメントしている。

「深田は昨年、主演を務めたドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ系)では新人の管制官を演じたり、来春公開の映画『偉大なる、しゅららぼん』ではジャージ姿で白馬を乗りこなすお嬢様役での出演が決まっています。これまでも幅広い役柄を演じてきた深田だけに、30歳となり女優としても円熟味を増してきたといってもいいでしょうね。一時は役づくりのために10キロも減量、ファンから『なんでやせちゃうの』『こんなの深キョンじゃない』という失望の声が上がっていた深田ですが、最近はまたムチムチボディも戻ってきているようですから、仕事が順調な証拠でしょう」(芸能ライター)

 その深田の最新ボディが拝めるのが、現在放送中の「ポカリスエット イオンウォーター目撃・車内篇」のCMだ。ボーダーシャツにパンツスタイルという格好で新幹線に乗って移動中の深田。車掌が乗車券の改札に回ってくるが、バッグの中を探しても切符が見つからない。今度はポケットの中を探そうと立ち上がるが、その際に胸元がボヨンと揺れる。さらに、座ったときにはリクライニングシートを勢いよく倒してしまい、またもボーダーシャツ越しのバストが大きく波打つというものだ。

 このCMにネット上では「これは狙いすぎwww」「オレたちの深キョンが帰ってきた」という声をはじめ、「ドロリッチよりエロい」と、グラビアアイドルが多数出演してセクシーな動きを見せることで「エロすぎる」と話題のCMを越えたという意見まである。

「深田といえばDカップといわれる巨乳の持ち主で、あの動きをすれば当然揺れが生まれるのは予想できますから、制作サイドも狙っての“乳揺らし”でしょう。これまで、東山紀之や脚本家の野島伸司、玉木宏、くりぃむしちゅー・有田哲平らと浮き名を流してきた深田ですが、今そのバストを一人占めしているとされるのは年下俳優の五十嵐麻朝。調理師免許を持つ五十嵐は、昨年11月の深田の誕生日には彼女の好きな肉の手料理を披露したと伝えられるなど交際は順調で、結婚も近いというウワサまでありますから、公私ともに順調ということでしょうね」(同)

 しかしながら、以前は酒好きと夜遊びの激しさが有名で、俳優の伊藤高史が「自分が押し倒す前に押し倒された」と逆レイプを告白したエピソードもあるぐらい、肉食ぶりが目立っていた深田。30代となり、大人の女性として落ち着きを見せるのは悪いことではないが、豊満な胸元だけはいつまでもそのままでいてほしいものである。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング