「絶対イカない男VS絶対イカせる男」BSスカパーのアダルトバラエティがヤバすぎる!

メンズサイゾー / 2013年7月23日 22時35分

写真

 今年の春に放送され、そのあまりの過激さが話題を呼んだ番組『徳井義実のチャックおろさせて~や』(BSスカパー)。その第2弾“夏の催し”が19日に放送され話題を集めている。

 “「スカパー!には絶対に見たいアダルトチャンネルがある。」この事実を広く世に広め、アダルトチャンネルの視聴を啓蒙”するのが目的というこの番組は、チュートリアルの徳井義実(38)がメインを務めるアダルトバラエティ。春の放送では、吉本所属の芸人・アイパー滝沢(33)が、AV女優にアナルを開発されるなど、アダルトビデオさながらの過激映像が流され、単にエロいだけではなく、笑いもふんだんに盛り込まれたこのVTRには、ネットユーザーたちも「今年一番笑った」「面白すぎる」と賞賛の声を送っている。

 また春の放送では、「絶対イカない女VS絶対イケる電マ」という、他局の企画を丸っきりパクった『ぽこ×たて』なる内容が放送されたが、ネットユーザーたちは、「本家より見ごたえある」「手に汗握る」と興奮気味で語っている。ちなみに、40分一本勝負で行われた「イカない女VSイケる電マ」の結果は、制限時間残り3分というところで、絶対にイカないと豪語していた女性が「イッチャいました…悔しい」と漏らし、絶対にイケる電マの勝利となった。

 先日放送された“夏の催し”でもこの企画は放送され、対決したのは「絶対にイカない男VS絶対にイカせる男」というものだった。番組を見ていない読者のなかには、この対決に“?”と思ったことだろう。普通なら「絶対にイカない男VS絶対にイカせる女」や「絶対にイカない女VS絶対にイカせる男」という対決を想定するのではないだろうか。しかし、この番組では、そうした、よくあるAVの企画もどきは払い下げのようだ。この企画で対決したのは、射精を自在に操れるAV男優として「絶対にイカない」と断言するAV男優の沢井亮と、「私の尺八のほうが女のアソコより100倍気持ちいい」と豪語するゲイのタクヤだった。

 結果を先に記すとタクヤの勝利となったわけだが、百戦錬磨のAV男優を唸らせた彼のフェラテクは凄まじいの一言。ネット上では、ヤラセ疑惑なども浮上しているようだが、それでも見ごたえのある対決だった。もちろん、男同士ということで嫌悪感を抱く視聴者もいるだろうが、BS放送で、しかも有料チャンネルなのだから、それこそ嫌なら見なければいいだけの話である。対決の途中で、「次は高速バキューム」などと口にするほどの余裕を見せ、射精後には「ごちそうさまでした」と赤ら顔になるタクヤの表情は、確かにノンケの人間には理解できないかもしれないが、面白さ優先のバラエティとして見れば、大いに笑える内容だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング