明るみになる「芸能界と暴力団の黒い交際」“芸能界のドン”最大のピンチか

メンズサイゾー / 2013年8月6日 10時0分

写真

 民族派団体「大日本新政會」なる組織が運営するブログ(http://www.dainipponshinseikai.jp/)の内容に“芸能界のドン”と呼ばれるバーニングプロダクションの周防郁雄社長や、その取り巻き、ドンと親しいテレビ局関係者が怯えているという。

「このブログには、周防氏がいかに反社会的組織とされる人々を利用してトラブルを解決してきたかという具体的な内容と、テレビ局との癒着が綴られているだけでなく、周防氏のものとされる、暴力団との親密さを物語る肉声まで音声ファイルで掲載されている」(大手芸能プロ幹部)

 大日本新政會とは、神戸に本拠を置く「2代目松浦組」系列の民族派団体で、会長は松浦組の組長を務めるK氏。

「周防氏とK会長は、3年前に周防氏が関与する千葉県の産業廃棄物処理場建設をめぐる“金銭トラブル”で揉めて、いまだ解決に至っていません。それだけに、書かれている内容はリアリティがあって、このブログに警視庁の捜査4課も並々ならぬ、関心を持ってますよ」(中堅芸能プロ・マネージャー)

 このブログでは「周防郁雄との出会い」というタイトルで、「芸能界のドンと交流のきっかけは、仁科亜希子、松方弘樹、元夫婦の長男仁科克基をバーニングプロダクションに預ける相談をAプロダクション社長に声を掛けたのだが、バーニングプロダクションでは預かれないと、私がお世話になっている人物と一緒に周防社長が神戸に詫びに来た」とある。

 さらに、「2001年5月5日『是非、東京でお会いしたい』と周防から電話が入り、2001年5月7日、赤坂の料亭『口悦』(港区赤坂2丁目5―15)にて手厚い接待を受けるのだが、あまりの盛大な歓迎だったために私は何事かと大変びっくりした(中略)明けて5月8日の早朝8時ころ、気分良く寝ていた宿泊先の東京プリンスに血相を変えてきた周防社長は『会長、大変です、うちの事務所に銃弾が撃ち込まれました。何とか助けてください』」というエピソードまで書かれている。(※原文ママ/当時の報道では5月9日)

「01年の5月と10月にバーニングの事務所に銃弾が撃ち込まれたんです。周防氏は所轄の赤坂署が被害届を出してと言っても出さなかったとされる。その一方で、このブログを見ると、暴力団に事件の解決を依頼していたことになる。これが本当だとしたら、とんでもないことです。信じられません」(芸能ライター)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング