人気の女芸人で惨敗! 『27時間テレビ』の敗因は…

メンズサイゾー / 2013年8月11日 11時0分

写真

 8月3日18時30~翌20時54分まで放送された『27時間テレビ』(フジテレビ系)。“女子力”をテーマに掲げた今年のメインMCには、異例ともいえる計11名の女芸人が抜擢され、放送前から話題を集めていた。しかし、蓋を開けてみれば、過去最低となる平均視聴率9.8%を記録。6月に亀山千広氏が新社長に就任した新体制の船出は厳しいものとなった。

 今もっとも数字が見込めるといわれている人気の女芸人たちを揃えておきながら、惨敗を喫した今年の『27時間テレビ』。もはや誰がメインを務めても同じような結果になるのだろうか。番組冒頭でマツコ・デラックスが言っていたが、それだけ、フジテレビが視聴者からダントツで嫌われている証拠なのかもしれない。

「視聴率は悪かったようですが、『27時間テレビ』独自の企画はなかなか面白かったですよね。毎年恒例となっている全国のFNS系列局との連係を絡めた『ミスターFNS』や女芸人たちが必死に練習して歌声を披露した『なでしこ歌謡祭』も力が入っていたと思います。さんまさんと中居さんの『今夜も眠れない』は相変わらず面白かったですし、その後のさんまさんと芸人さんたちとの『大反省会』も爆笑問題の太田さんが大暴れするなど、生ならではの迫力があって見ものでした。ただ、番組連動企画は冗長で、見た目も新鮮ではなかったですね。特に『ほこ×たて』なんて、引っ張るだけ引っ張ってオチも盛り上がらず、なぜあれをあそこまで推したのかわかりません。通常放送のほうがよっぽど面白いですよ。決着に長時間かかるような、27時間ならではのほこたて対決が見たかったですね。それに、メインを務めた女芸人さんたちが、あまり目立ってなかったのが残念でした。もう少し前に出れば良いと思うのですが、進行はアナウンサーに任せ、笑いはその場の芸人に任せっきりという感じで、消化不良だったように思います」(業界関係者)

 メインMCとはいえ、27時間を通して存在感の薄かった女芸人たち。その理由は、それぞれの時間帯に登場したアシスタントがあまりにも強力だったからだろう。番組開始より、明石家さんま(58)岡村隆史(43)加藤浩次(44)今田耕司(47)らと渡ったアシスタントのリレー。いずれも1人で27時間のメインをやってもおかしくない実力者ばかりが揃っている。そんな彼らがアシスタントでは、女芸人たちの出る幕はほとんどなかったは、ある意味でしょうがないのかもしれない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング