現役女子アナがヌードを披露! 業界トップクラスの度胸の良さを持つアナウンサー・水谷加奈

メンズサイゾー / 2013年10月25日 18時0分

写真

 文化放送の水谷加奈アナ(45)が、アシスタントを務めているラジオ番組『福井謙二 グッモニ』の企画でヌードに挑戦して話題となっている。同番組のコーナー『グッモニ文化部 エンタメいまのうち』では、旬の話題について紹介しているが、24日の放送テーマは「最近ヌード写真を撮る女性が増えている」というもの。実際、誕生日などの記念日にヌードを撮影する女性が多く、フォトスタジオでは予約が取れない状況になることもあるそうだ。

 水谷アナは、1カ月以上前にプロデューサーから「ヌード写真を撮りませんか」と打診されたといい、表参道にある女性のためのフォトスタジオで実際にヌード撮影を体験。24日に、同番組の公式サイトで3枚の写真が公開された。同局の調べによると、現役の女子アナがヌードを披露したのは初めてだといい、「番組始まって以来のメール数かもしれません(汗)。水谷アナへのたくさんの激励、ありがとうございました!」としていることから、大きな反響があったようだ。

 ネット上では「誰得?」「中途半端な脱ぎでヌードとはいえない」といった声が上がっているが、同番組のパーソナリティーを務める福井謙二アナ(60)は、「業界トップクラスの度胸の良さを持っているアナウンサー」と、その脱ぎっぷりを絶賛している。

「モノクロ写真で裸体に布を巻いているだけの姿をさらし、真っ白い空間に赤い花びらのようなものがまかれた中で横たわるなど、品がよく芸術性の高いヌードに仕上がっています。水谷アナは趣味がエアロビクスというだけあって、45歳にしては無駄な肉がなく引き締まった体をしていますね。以前、元TBSアナウンサーの小島慶子(41)が39歳で水着写真集を出して話題になりました。写真集やグラビアでの露出であれば『いったいどこに需要があるの?』『勘違いでは』といった批判もわかりますが、あくまで番組の企画での体験取材ですから、よくチャレンジしたと言うべきでしょう。むしろ、こういう企画のときだけ20代の女子アナを使ったりしたら、それこそ批判が強まると思いますよ。水谷アナは8月にも同コーナーでロリータの世界を特集したときに、真っ白なロリータファッションに身を包みぬいぐるみを抱く写真を公開しています。そっちのほうが衝撃的な気もしますが…(笑)」(芸能ライター)

 水谷アナは1990年に文化放送に入社。過去に『伊東四朗のあっぱれ土曜ワイド』や『大竹まこと ゴールデンラジオ!』など大物芸能人の番組を担当することが多く、ノリのよさはそこから育まれたのかもしれない。私生活では、05年に二児の父親である男性と結婚し、07年には出産。今年4月からは、新たにスタートした『グッモニ』のアシスタントを務めている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング