暴行疑惑まで噴出…「カーヴィーダンス」樫木裕実のウラの顔

メンズサイゾー / 2013年11月7日 17時30分

写真

 「カーヴィーダンス」でブレイクしたボディメイクトレーナー・樫木裕実(50)のスタジオ閉鎖騒動が波紋を広げている。樫木とオーナーサイドの言い分が真っ向から食い違い、過去に樫木がスタッフに暴行を働いた疑惑まで浮上するなど泥沼の様相を呈しているようだ。

 事の発端は、先月29日発売の「女性自身」(光文社)がスタジオ閉鎖をスクープしたことだった。同誌によると、樫木はタレント・ヒロミ(48)が経営するトレーニングジムから独立し、自身のプロデュースで昨年12月に東京・中目黒のスタジオ「カーヴィーグランド」をオープン。ところが、今年12月でのスタジオ閉鎖が突然決まり、会員や50人あまりのスタッフが困惑。主な理由は経営不振とされ、同スタジオを経営する女性オーナーが12月9日付の撤退を決定したという。

「樫木さんのスタジオとして、多数の有名芸能人が指導を受ける様子などがブログに綴られていました。樫木さんの直接指導が受けられると人気を集めたのですが、実際は一般会員は弟子のトレーナーの指導しか受けられず、樫木さんが直接レッスンするのは芸能人会員だけ。結果、一般会員が大量に離れてしまったうえに、闇雲にあちこちから引き抜いたトレーナーの人件費も経営を圧迫し、閉鎖に至ったようです。オーナー側は、樫木さんの経営力のなさが破綻の原因だと考えているようですね」(週刊誌記者)

 破綻を招いた樫木に対し、女性オーナーは「スタッフを引き取ってほしい」と要請したが、樫木はスタッフを置いて一人で去っていこうとしているという。この報道について樫木は「女性セブン」(小学館)の取材に応じ、オーナーから一方的に解雇通知が届いたと説明。スタッフを残して「逃げ出した」という報道も完全否定している。

「樫木の考えが甘く、スタジオや併設しているキッチンが赤字だったのは事実。しかし、オーナー側も経営が少し傾いたからといって突然解雇通知を送りつけて閉鎖を決めるのは非常識です。スタッフの問題にしても、樫木とオーナーが互いに押し付け合っているだけ。この女性オーナーは矯正下着などを販売している企業の代表なのですが、樫木とコラボした下着の販売で一儲けして意気投合した。しかし、結局はカネでつながった縁ですから、少しトラブルがあれば簡単に女のいがみ合いに発展してしまう」(前同)

 どっちもどっちといった印象だが、オーナー側の樫木批判は止まらず、トレーナーへのパワハラや暴行疑惑まで取りざたされている。発売中の「週刊文春」(文藝春秋)では、オーナー側の関係者が「樫木さんは『オーナーとは信頼関係がなかった』などと話していますが、そういう問題ではない」「要するに、ヒロミさんのジムを辞めた時と同じことなんですよ。出したお金はもう捨ててもいいから、早く縁を切って終わりにしたい」と告白している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング