NHK朝の顔・有働由美子アナ、イケメンとの熱愛報道にピリピリ?

メンズサイゾー / 2013年11月26日 16時35分

写真

 先月、『NHK紅白歌合戦』の司会が発表され、紅組は大河ドラマ『八重の桜』のヒロインを演じている綾瀬はるか、白組は4年連続で嵐が務めることが明らかとなったが、総合司会を務めるのは昨年に引き続き、同局の有働由美子アナ(44)だ。有働はV6・井ノ原快彦とともに朝の情報番組『あさイチ』のキャスターも務めており、今やNHKの朝の顔といえる存在だ。

 そんな有働が40代イケメン男性とデートをしていたと、現在発売中の「女性自身」(光文社)が伝えている。記事によると、11月下旬、仕事を終えた有働が都内の自宅マンションに帰宅後、夕方になって40代とおぼしき俳優・内野聖陽似のイケメン男性と連れ立って外出。その後、スーパーや輸入食料品店に入り、仲のいい様子で買い物をしていたという。

 最初はマスク姿だった有働も買い物中は外すこともあり、その後はしっかりと手をつないで自宅マンションへ戻ったようだ。一夜明け、翌朝5時に『あさイチ』出演のために有働は出勤し、午前10時すぎになって男性が出てきたという。有働は、同誌の直撃に対して合鍵を持たせていることや同棲について否定。「44歳のおばちゃんなんで、自由にさせてください」「結婚とか形にこだわるような年齢ではないので(笑)」と語っている。

「記事では『結婚の予定もないし、付き合っている感覚もない』と言っていた有働アナですが、自宅で一晩過ごしていることからも親密な仲であることは明らかでしょう。多忙を極める有働が遊び歩いているというのも想像しにくいですから、本命と見てもいいのではないでしょうか。これまでも、プロ野球選手の石井琢朗(当時は横浜ベイスターズに所属)や広告マン、公認会計士などと噂になってきた有働ですが、『結婚より仕事』というスタンスを貫いてきました。それもあって、今のような看板アナの地位を築いたわけです。一時はブログで“婚活終了宣言”をしたものの、後輩の青山祐子アナの結婚で再び婚活に意欲を見せているともいわれていただけに、それが実を結んだのかもしれません」(芸能ライター)

 デート報道後に初の放送となった26日の『あさイチ』では、直前に放送されていた朝ドラマ『ごちそうさん』の内容に触れて「男って、なんであんなに意地っ張りなんでしょうね?」「男って一線を超えちゃうと戻れないみたいなとこあるじゃないですか」とコメント。井ノ原から「何かあったんですか?」と聞かれると「いやいやいや、ないです」と焦った様子を見せるなど、デート報道を示唆するようなやりとりがあった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング