音楽評論家による“ヲタ視点”からの「2014年アイドル業界への5つの提言」

メンズサイゾー / 2014年1月3日 12時0分

写真

 2014年がスタートして、早いもので私も1月2日からアイドル現場での活動をスタートしてしまった。今年もアイドルブームの勢いがある程度は持続するのではないか、いや続くとしたらどうしよう……という現役アイドルヲタとしてのある種の「恐怖心」から、編集部からの依頼に応えて、アイドル業界に以下のような提言をしてみたい。音楽評論家としてではなく、あくまでヲタとしての提言である。


1.半年ROMれ

 「半年ROMれ」という表現は、1990年代のインターネットのアンダーグラウンドな掲示板などで使われてきたフレーズだが、要は「発言などをする前に半年ぐらい観察しろ」という意味で、これは最近のアイドル運営にそのまま通用する話だ。

 2013年4月30日にC@n-dolsのリリースイベントに行ったのだが、そこで目にしたのは1000人キャパの川崎クラブチッタに客が約30人しかいないという壮絶な光景だった。とにかく空間が広い。広大すぎる。そこで投げられる紙テープ……。デビュー・シングル「年下の男の子」のオリコン推定累積売上枚数は283枚だった。

 2013年4月4日にデビューしたC@n-dolsは、2013年12月12日に活動休止がアナウンスされたが、これはメンバーが悪いという以前にコンセプトが苦しかったように思われる。彼女たちに「平成のキャンディーズ」という看板は重かった。

 半年ROMれ。つまり今のアイドルシーンを半年ぐらいは見て、ターゲットとするファン層、コンセプト、音楽性を決めるべきなのだ。無茶にアイドルのマーケットに飛び込んできても火傷をするだけだろう。前述のような要素を踏まえて、セールスの見立てをしっかりと行うべきだ。

 C@n-dolsの活動休止は、メディアに面白おかしく書きたてられたが、その書き手の何人が実際にC@n-dolsを見ただろう。彼女たちを見た私としては、「若者の未来を預かる以上、しっかりと計画を立てろ」とアイドルをデビューさせようとする人たちに伝えたい。最近のアイドルブームを受けて、まるでベンチャー企業かスタートアップかというような勢いの運営も散見するが、研究に半年などまだまだ短いぐらいである。


2.多数のメディアフォーマットでリリースしろ

 ミュージックカード(http://musicard.jp/)という商品をご存じだろうか。これはアイドルの現場で販売されているカード形式のアイテムで、購入した後にパソコンで専用サイトにアクセスしたり、スマートフォンでアプリをダウンロードしたりして、カードに掲載されているコードを入力すると音楽を聴くことができるアイテムだ。

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング