木下優樹菜、ファンとバトルで物議…有名人の「晒し上げ」行為の是非

メンズサイゾー / 2014年1月14日 10時0分

写真

 タレントの木下優樹菜(26)が、画像共有サービス「Instagram(インスタグラム)」に投稿した写真をめぐってファンとバトルし、そのやり取りが物議をかもしている。

 木下は10日、Instagramに「昨夜飯 ひさびさにごはんつくったw」と料理の写真をアップ。ぶりの照り焼き、きんぴら蓮根、にんじんマリネ、ご飯が一枚の木皿プレートに盛りつけられ、あおさの味噌汁もついていた。ファンからは「おいしそう」といったコメントが多く寄せられたが、あるファンが「おいしそ~やけど皿に緑と赤が足りないね!」と書き込んだことが騒動の発端になった。

 木下は「ごはんのせたらダメ出しきた…赤と緑たりなくてごめんなさいww 爆笑!」と書き込み、該当コメントのスクリーンショットを掲載。その画像には相手のアカウント名も掲載されており、いわゆる「晒し上げ」をしたことになる。さらに木下は該当のコメントをした相手のページに訪問して「皿に緑と赤がたりなくてごめんね」と皮肉めいた書き込みまで残している。

 この言動には批判があったらしく、木下は「これからは言い返しません!約束!ただ!嫌いならフォローしないでください。!見ないでください!以上!」(原文ママ)と事態の収拾を図った。コメントしたファンも「悪気なかったんです ごめんなさい!」と謝罪。これを受けて木下も「謝ってもらえたからさっきの消したぁ 言わなきゃ気がすまない性格。昔から言われたら言い返すし」とフォロワーに報告している。

 当該ファンはコメントの出だしで「おいしそ~」と書いていたことからも分かるように、料理をけなす意図はなく、あくまでアドバイス程度のつもりで書いたようだった。だが、木下が「言わなきゃ気がすまない性格」だったため、バトルに発展してしまったようである。

 当事者同士は「和解」した今回の騒動だが、ネット上では「簡単にキレすぎ」「ヤンキー丸出しだな」「相手が可哀想」「助言と批判の区別もつかないバカなのか」などといった批判が木下に集中。さらには「有名人が一般人を晒し上げる」という行為の是非をめぐっても議論が起きている。

 この行為に関しては、昨年5月に『五体不満足』(講談社)で知られる作家の乙武洋匡氏の発言をめぐって起きた「イタリアン入店拒否騒動」が話題になったことも記憶に新しい。基本的に車椅子で移動する乙武氏は、エレベーターの止まらない雑居ビル2階にあるイタリアンレストランに車椅子の使用を伝えずに予約を入れたが、2階までの移動介助を断られたとして憤慨。店主から「車いすなら事前に言っておくのが常識」などと失礼な態度で門前払いされたと自身のTwitterで報告し、レストランを名指しで批判した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング