『明日、ママがいない』放送中止要請騒動、日テレ内部は「視聴率爆アゲ期待」の歓迎ムード!?

メンズサイゾー / 2014年1月20日 19時0分

写真

 15日にスタートした芦田愛菜(9)主演の連続ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)に対する抗議騒動が波紋を広げている。ドラマのモデルになったと思われる「赤ちゃんポスト」を設置している熊本市の慈恵病院が「養護施設の子供や職員への誤解偏見を与える」と謝罪や放送中止を局に要請し、全国児童養護施設協議会も「いくらフィクションでも子どもや親、職員の人権を侵害している」として21日に都内で記者会見を開いて抗議を表明する予定。

 慈恵病院の蓮田太二院長は、スポーツ紙の取材に「日本テレビにお邪魔してお話をうかがって、物語がどういう内容か知りたい」と直接対決する意向を明かしており、近日中に放送倫理・番組向上機構(BPO)への審議申し入れもする予定だという。

 同ドラマは、さまざまな事情で親と暮らせなくなった子どもたちが集まる児童養護施設が舞台。第一話では、施設長が子供たちに「オマエたちはペットショップの犬と同じ」と言い放ち、里親に気に入られて引き取ってもらえるよう「かわいげ」を教え込むなど過激なシーンが続出した。また、施設長の平手打ちで鼻血を出した少女がバケツを持って立たされるなどの虐待シーンもあった。こういったシーンについて、世間が施設や職員の実態を誤解する恐れや、ドラマがきっかけで施設の子どもが学校でイジメられる危険性などが指摘され、今回の抗議騒動につながった。

 子どもの人権にかかわる問題なだけにドラマの打ち切りもあり得る事態だが、日テレ側は「子供たちの心根の純粋さや強さ、たくましさを全面に表し、子供たちの視点から『愛情とは何か』ということを描いていく。ぜひ最後までご覧いただきたいと思います」と放送続行を強気に表明。意外にも日テレに焦りはないようだ。

「日テレでは、05年に放送された天海祐希主演の『女王の教室』の過激な内容をめぐって視聴者から抗議が殺到し、スポンサーが広告出稿中止を検討する事態にまで発展したことがある。それでも日テレは放送を続行し、最終回は平均視聴率25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と初回放送から10%以上も数字を爆アゲした。ドラマの内容が良かったこともありますが、抗議が結果的にいい宣伝になったといえます。今回の騒動でも、日テレ内部からは『これで視聴率が上がる!』と、むしろ抗議を歓迎する声まで漏れ聞こえてきている。他局でも視聴者から抗議が殺到したドラマは数多くありますが、基本的に『視聴率低迷』以外の理由で打ち切りになることはほとんどありません」(テレビ局関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング