橋本愛、「美少女の面影がない」ほど激変!? 『あまちゃん』イメージから脱却成功の声も…

メンズサイゾー / 2014年2月7日 18時10分

写真

 現在、ドラマ『ねんりき! 北石器山高校超能力研究部』(NHK)で超能力者を夢見る女子高生を演じている橋本愛。昨年、「じぇじぇじぇ」が「2013 ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に決まるなど、大ブームを巻き起こしたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』でヒロインの親友、・足立ユイ役を演じて一躍ブレイクした。オリコンが発表した『2013年 ブレイク女優ランキング』では6位にランクインするなど、一気に知名度を上げた形だ。

 その橋本は、『2014 年エランドール賞』の新人賞に選出され、2月6日に都内で行われた授賞式に出席した。橋本の他には、“あまちゃん組”の能年玲奈、福士蒼汰、東出昌大、さらに綾野剛と木村文乃が受賞。橋本は「たくさんの反響があり、こんなに愛される作品に出演させていただくことができてうれしく思います」と『あまちゃん』への感謝を語った。

 この日、横に大きく流すヘアスタイルに白シャツ、黒いワンピース姿で登場した橋本。しかし、ややぽっちゃりしたように見えることから、「激太りした?」「もはや美少女の面影はない」「顔の形が変わっとる」など、ネット上では外見の変化を嘆くような声が相次いでいる。

「確かに、アゴまわりに肉がついて顔全体がふっくらしたように見えますね。橋本は昨年11月にもおでこを出したヘアスタイルで『劣化した』と話題になったことがあります。橋本といえば、前田敦子のようなボブで顔の輪郭を隠しているような髪型が多いですが、『前髪を上げると残念』『髪型補正がすごい』と言われていました。顔の形自体はたいして変わっていないのかもしれませんが、能年が『あまちゃん』出演時と変わらないルックスだったこともあって、橋本の変化が引き立ってしまったのでしょう。まだ18歳になったばかりですから、これから大人の女性になっていく。そう考えると、ある程度の顔の変化も自然なことだと思いますよ」(芸能ライター)

 橋本は『あまちゃん』終了後に『ハードナッツ!』(NHK BSプレミアム)で連続ドラマ初主演を果たし、今年は映画『大人ドロップ』『渇き。』の公開が控えている。『寄生獣』と主演を務める『リトル・フォレスト』は、ともに14年、15年公開予定の2部作となっており、まさに今が旬の存在といえる。

「多忙ゆえに疲れがたまっているのは事実でしょう。そういった影響が顔に出やすいタイプなのかもしれません。昨年12月には夜の新宿をさまよい歩き、看板を叩いたり大学生風の集団に追いかけられたりする姿を『フライデー』(講談社)に伝えられ、『奇行スレスレ』『無防備すぎる』と話題になりました。以前には、ブログの内容がポエムのようで改行の位置なども独特なことから『病んでるのでは』とも言われましたが、どちらもある意味で10代の女の子にはよくあることともいえます。そういった要素もあって、橋本にはミステリアスな美少女というイメージが強いですね。

 これから女優としてさまざまな役を演じることを考えれば、髪型や体重の変化も含めて“いろんな顔”を見せてくれるのは決してマイナスにならないと思います。それに、国民的人気となった『あまちゃん』でのイメージからの脱却には一番成功しているという声も業界内にはありますよ」(同)

 映画『桐島、部活やめるってよ』で共演した落合モトキとのお泊りが報じられ、年上俳優の綾野剛とも噂になるなど、そのモテっぷりも注目されている橋本。女優にとって恋愛は欠かせない要素ということも考えると、今後どんな“女優の顔”になっていくのか楽しみといえる。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング