不運続きの板野友美、プロデュースビジネスにも暗雲で八方ふさがりに?

メンズサイゾー / 2014年2月16日 11時0分

写真

 元AKB48の板野友美(22)が、15日に都内で予定していた新曲「little」リリースイベントの開催を延期した。大雪による路面悪化や交通機関の乱れなどを考慮したという。当初、同イベントは先週の8日に開催が予定されていたが、その時も大雪のため延期になっており、再延期となってしまった。

 2週連続の延期というアクシデントに見舞われた板野だが、ここ最近は不運が相次いでいる。

 今月12日、AKB48の永尾まりや(19)が、自身のTwitterで「友さんとご飯にいったよ プリクラー!もちろんCandy magic」と報告し、板野と一緒に撮影したプリクラ画像をアップした。ところが、プリクラの「デカ目効果」によって板野の目が異常なまでに大きくなっており、一部ファンは「ともちん目でかすぎ」「宇宙人みたいで怖い」などと困惑。永尾の目はそれほど違和感がないため、板野だけが異常に感じられたようだ。

 二人は「Candy magic」というカラコンを装着して撮影したようだが、これは板野がプロデュースで参加している商品。商品PRの意味も込めてプリクラを撮影したに違いないが、完全に逆効果になってしまったようである。

 また、板野がイメージキャラクターを務める脱毛サロンが28日にオープンすることが決定し、プレリリースがネット上に流された。このプレリリースには板野の写真が数点添えられており、驚くほど巨乳で谷間が強調されたものになっている。この写真について、ネット上では「胸盛り過ぎ」「ついにオッパイまで整形か」「谷間が不自然すぎる」「顔がまた変わっている」などと批判が殺到。さらに、板野が異常なまでに高いヒールを履いていたため「哀れになってくる」「チンチクリンを隠すために必死だな」といった批判も噴出した。

「AKB卒業後もメディア露出や新曲リリースを続けていますが、レギュラー番組はなく、頼みの綱だったCM仕事も減少しています。最も大きな仕事だった『サマンサタバサ』のCMも、昨年冬に放送された姉妹ブランドのCMでは乃木坂46の白石麻衣に交代させられてしまった。バラエティーへのゲスト出演ギャラや新曲の売上は知れていますから、彼女にとっての生命線はプロデュースビジネス。しかし、カラコンや脱毛サロンをアピールするつもりが逆効果になってしまうようでは、今後が危ぶまれますね」(広告代理店関係者)

 アイドルにしては珍しく男性ファンが少なく、女性ファンが人気を支えていた板野。だが、その女性ファンも今年1月に発覚したEXILE・TAKAHIROとの熱愛を境に離れ始めているという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング