激太りにガラガラ声…小野恵令奈に“劣化”の声ふたたび

メンズサイゾー / 2014年3月25日 10時0分

写真

 3月29日から公開される映画『白ゆき姫殺人事件』に出演している元AKB48の小野恵令奈。23日には、同映画の主演女優である井上真央とともに『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した。

 以前から、ややハスキーボイスで舌足らずなしゃべり方だった小野だが、この日はさらに“ガラガラ声”となっており、MCの雨上がり決死隊・宮迫博之に「飛び込みで入ったスナックのチーママの声」といじられ、自身も「声は損してる…」とつぶやいていた。AKB卒業後の2012年にソロデビューを果たし、日本レコード大賞の新人賞に輝いたこともある小野。宮迫から歌の活動について聞かれると「ちょっと前まではやってたんですけど、声がこういう感じなんで…」と今は断念していることを明かした。

 その後、さほど目立ったトークもなく、出演自体は控えめに終わった感のある小野。しかし、ネット上では「こんな声だったっけ?」「なんか変わったな」などと話題になっており、その容姿についても厳しい声が上がっている。AKB時代はかわいらしいルックスに定評があり、「次期センター候補」といわれたこともある小野だが、現在は当時とくらべてかなりふっくらした印象を受ける。ネット上では「友近に似てきた」「普通にイオンで買い物してるレベル」「キャバクラを通り越して、スナック臭がする」といったネガティブな反応が多く見られるのが現状だ。

 小野は24日に最終回を迎えたドラマ『隠蔽捜査』(TBS系)の第6話に本人役で出演、婦人警官の制服姿を披露した。しかし、その際すでにフェイスラインに変化が生じており、「変わりすぎてびっくり」「これってホントにえれぴょんなの?」とファンから驚きのコメントが続出していた。

「ドラマ出演していたのは2月ですが、そのときよりもさらにふっくらしているように見えます。声も含めてとても20歳には見えず、アイドル時代特有のオーラがなくなりつつあり“一般人化”しているともいえます。そのあたりが『イオンで買い物』『スナック臭』といった反応につながっているようです。いずれにせよ、最近は露出のたびに『なんか違う』と言われてしまう状態ですね」(芸能ライター)

 また、小野といえば最近はきゃりーぱみゅぱみゅの元カレである鈴木勤の浮気相手ではないかともいわれている。きゃりーと交際していた鈴木が、別の女の子から告白されて「(私)どっか行っちゃうよ」「3日間だけ付き合って」と懇願されたことから“つまみ食い”に及んだというものだが、ネット上では「えれぴょんなら言いそう」と小野の名前が浮上している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング