「スキマ産業です」と自虐的に語る元AKB・大堀恵、大島優子を見てセクシーキャラ転向を決意!?

メンズサイゾー / 2014年3月31日 16時45分

写真

 毎回、さまざまなゲスト3人がトークを繰り広げる『ボクらの時代』(フジテレビ系)。3月30日の放送では、ともに新婚生活を送る元AKB48およびSDN48の大堀恵、元モーニング娘。の保田圭、安めぐみが出演した。

 プライベートでも仲がいいという3人は、冒頭から「変な感じ」「ねぇ、いつもカメラないもん」と戸惑う様子を見せたが、6月に出産予定の大堀が、一時は「男の子」と言われていた性別判定を「実際はまだどっちかわからない」と保留状態であることを明かして笑いを誘っていた。結婚3年目の安は、夫の東貴博が平気でおならをすることに一時は悩んでいたようだが、「おならは幸せの象徴」といわれて逆に感動したというエピソードを披露した。

 昨年5月に料理研究家の小崎陽一氏と結婚した保田は、交際5カ月で入籍したためまだ知らないこともいっぱいあるが「それを結婚生活で徐々に知っていって」楽しんでいるという。スピード婚といえば、大堀も昨年1月に脚本家の金沢達也氏と「交際0日」で結婚したことが知られている。そのため、いまだに夫が好きなものがわからないこともあるというが、何気なく出した料理が「これ大好きなんだよね」と言われたりする「新発見」に喜びを見出しているようだ。

 そんな中、アイドル時代に話が及ぶと、大堀は「やっぱり順位づけをされるっていうのが」と、選抜総選挙のつらさを吐露。AKB時代は最年長だっただけに「年上で、なかなかやっぱり選抜に入れないので」と当時の心境を語り、保田も「この制度、アイドルとしては苦しいだろうなって思いながら(見ていた)」と共感を示した。モー娘。では総選挙こそなかったものの、立ち位置から事務所やプロデューサーのつんく♂が考えている“ランキング”は透けて見えていたようだ。

 また、AKB時代はステージにメンバーごとにファンレターが置かれていたようだが、名前順で「大堀」の前になる大島優子とはその量が30倍近くも違ったと振り返る大堀。それを見たとき、正統派のアイドル路線では戦えないと感じたようで、「誰もいない」セクシー路線に舵を切ったようだ。その後、「甘い股関節」でソロデビューした自身の姿勢を「スキマ産業です」と自虐的に表現する大堀。そんな彼女に保田も「だから、(自分も)落とし穴に落とされたりとかするんだけど」と共感し、「がんばるとこうなっちゃうんだよ、結果が」とお互いにたたえ合っていた。

「大堀は『元気ね~』『坊や、スケベねぇ』などのエロ発言を惜しまないお色気キャラで知られており、出産後は“エロいママタレ”を目指すともいわれていますが、確かに大島や前田敦子のようなエースにはできない荒業でしょうね(笑)。いずれにせよ、何かと物議を醸すことの多い総選挙システムについて、AKBとモー娘。という新旧国民的アイドルのメンバーだった2人が語ったことが感慨深い。保田も“ブスキャラ”や“いじられキャラ”に徹したからこそ、その魅力が開花したわけですし、そういう意味では2人ともアイドルの悲哀が凝縮されたような存在といえるのかもしれません(笑)」(芸能ライター)

 元メンバーからも、その圧倒的人気を羨まれる大島だが、30日に東京・国立競技場で予定されていた卒業セレモニーは荒天のために中止となった。大島は集まったファンの前で「また日を改めて見送ってほしい」と涙ながらに謝罪。「神様はまだAKBにいなさいって私に言っているのかもしれない」と書き込んだブログには、4000件以上のコメントが寄せられているなど、その人気が改めて実証された形となった。

 ただ、卒業後は女優業に専念することを表明しているものの、女優として独り立ちできるかどうかは不安視されている。道に迷ったら、いち早く“エロキャラ”を自分のものにした大堀の“生き方”を手本にしてみてはどうだろうか…。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング