もはやただのメンヘラ!? 南キャン山里に「どうか嫌いにならないで下さい」と懇願するフリーアナ

メンズサイゾー / 2014年4月4日 15時0分

写真

 3日に放送された『アウト×デラックス 春の大面会SP~』(フジテレビ系)に「とにかく売れて有名になりたい女」であるフリーアナウンサーの中島彩(26)が再び登場。彼女を苦手とする山里亮太(36)に涙の謝罪をして、話題を集めている。

 かつて番組に出演したアウトな人を迎える新コーナー「あのアウトは今」にやって来た中島は、スタジオに入るやいなや、「お久しぶりです。フリーアナウンサーの中島彩です。はじめまして。フリーアナウンサーの中島彩です」となぜか2度も挨拶を繰り返すなど、相変わらずの高いテンションと空気の読めなさ具合を披露。昨年の11月には、山里が絶対に共演したくないアナウンサーとして同番組に出演していたわけだが、今回も2人による白熱したトークバトルがさっそく繰り広げられた。

「2人の関係が始まったきっかけは、昨年4月に行われた『オールスター感謝祭』(TBS系)に出演していた中島さんが、ピンクのド派手な衣装でミニマラソンを走ったり、番組で出された激辛カレーをなぜか我慢して食べ切るという暴挙に出たりしたことを、山里さんが自分のラジオ番組で、“あのフリーアナウンサーはすごい”とイジったことに始まります。そしてその放送を聞いた中島さんが、“私のことをラジオで話してくれた!”と舞い上がり、山里さんに“ハマッている”と勘違いし、猛アタックをしたわけです。山里さんによると、自分が関わっている番組のすべてのスタッフに猛烈な営業をかけているというから驚きですよね。そんな中島さんの行動が、山里さんには煩わしいのでしょう」(業界関係者)

 再び『アウト×デラックス』に登場した中島に向かって、「野心が悪いほうにこじれていて、人を使って何とか売れようとしている」ところが気に食わないとはっきり伝える山里。しかしそんな山里の厳しい言葉にも、中島は「それは違います!」と反論し、「私はほかのタレントさんやアイドルとは違います。たとえば、(山里に)告白して何とかしようとか思ってません」などと発言。そして「純粋に尊敬してるんです。師匠と思ってます…」と言うと涙を浮かべるのだった。

 さらに中島は、山里の周囲への営業活動について、「もうしません」「今までのこと許して下さい」と懇願。山里が中島についてラジオで語って以降、彼のライブに通いつめていることにも、「息を殺して見てます。遠くで見守らせて下さい」と言うなど複雑な心境を覗かせる。そして、中島が「もう無視してもらって構いません」「嫌わないで下さい」とマスカラ混じりの黒い涙を流すと、思わず山里も「嫌いなもんか!」と叫ぶのだった。

 MCの矢部浩之(42)も「面白い」と絶賛するほど見事な掛け合いを見せた2人。マツコ・デラックス(41)も、「新しい夫婦漫才」と称すなど、山里VS中島の“けんかバラエティ”は見ごたえのあるものだった。しかし、突然の涙を見せた中島へのネット上の反応といえば、「うそ臭い」「嫌いだわ」「気持ち悪い」「生理的に無理」などといった批判の声ばかり。中には、「ただのメンヘラじゃねえか」というコメントまであり、情緒不安定な彼女の姿に嫌悪感を持った視聴者も多い様子。とはいえ、今後も同番組の名物となっていきそうな予感を抱かずにはいられないコンビネーションだった。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング