沢尻エリカの新ドラマに「気持ちいいくらいドロドロ」と反響が続々!

メンズサイゾー / 2014年4月21日 16時30分

写真

 女優の沢尻エリカが8年ぶりに連続ドラマ主演を務めることで、放送前から話題になっていた『ファースト・クラス』(フジテレビ系)。同作は、ファッション雑誌「ファースト・クラス」の編集部を舞台に、恋愛や仕事などを格付けし合う「マウンティング女子」の様子を描いている。沢尻演じるヒロインはファッション業界で働くことを夢見ながら衣料用品店に勤めていたが、ふとしたことから「ファースト・クラス」編集部で働くことになる。しかし、そこは編集長の板谷由夏をはじめ、菜々緒や田畑智子らの編集部員がお互いランク付けし合う場所だった…という内容だ。

 19日に放送された第一話では、沢尻がインターンとして編集部に配属され、リュック姿の垢抜けない姿を菜々緒らに内心バカにされるといったシーンや、先輩の田畑から読者モデルを60人集めるという仕事を命じられるが、半分程度しか集められず、最初の試練に襲われる模様が放送された。

 放送時間が土曜の23時台ということもあり、同ドラマの初回視聴率は6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とやや低調に終わった感がある。2007年以降に同枠で放送されたドラマの初回としては、最低の数字となった。しかし、ネット上ではその内容や出演者に対して反響が続々と起こっている。

 右も左も分からない世界で、先輩からの意地悪を受けながらも健気にがんばる沢尻の姿に「やっぱりかわいいな」「沢尻かわいすぎ」という声が上がっているほか、涙を見せるシーンもあったことから「演技力はさすが」「こういう役もハマる」と、その演技力を絶賛する意見も見られる。また、「女の怖ろしさがよくわかる」「気持ちいいくらいドロドロだな」と、マウンティング女子たちの振る舞いにも注目が集まっているようだ。

「『あなたたち下々の人間とは違うの』『全力で潰させてもらうわ』など、心の声が聞こえてくる演出は、うわべだけの会話をよく表していますね。女同士の見えないバトルがバチバチといった感じの同ドラマですが、沢尻が『ヘルタースケルター』とは真逆の純朴で虐げられる役柄をうまく演じています。また、一番ハマり役なのは、元ギャルのモデルを演じている佐々木希でしょう。ルックスは抜群ながら気に入らないことに舌打ちをしたり、態度の悪い役柄が『リアルすぎる』『何の違和感もない』とネット上でも好評です。佐々木は元ヤン疑惑がネット上で叫ばれていますし、以前には武井咲とドラマの収録現場で一触即発になったといわれているだけに、トラブルの予感がプンプンしますが…(笑)」(芸能ライター)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング