計算なのか真面目すぎるのか…小林麻耶が生放送で号泣

メンズサイゾー / 2014年4月26日 14時0分

写真

 番組開始早々、視聴率が芳しくないことが話題になっているお昼の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)。15、16、18日には視聴率が2.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで落ち込み、同局の正午帯での最低視聴率を32年ぶりに更新してしまった。

 そんな同番組で珍事件が勃発し、ネット上で話題になっている。25日の放送で、金曜レギュラーでフリーアナウンサーの小林麻耶(34)が生放送中に号泣してしまったのだ。

 同番組では、千葉真一の長男で俳優の真剣佑(まっけんゆう)が登場し、殺陣の型を披露したが、その際共演者たちが斬られ役として小林を指名。それを受けて、真剣佑に向かっていった小林は、ぶりっ子キャラで知られる彼女らしいヨタヨタとした斬られっぷりを披露した。当然、共演者たちからツッコまれるというオチだったのだが、その後、CMが明けると小林は目を真っ赤にさせており、なんと涙を流していたのだ。

 驚いた共演者たちが涙のワケを問うと「上手に斬られることができなかったので」と反省していることを明かした小林。しかし、本当の理由は別にあったようだ。小林はブログでテレビ朝日の入社試験に落ちたことを明かして就職活動中の読者にアドバイスを送っていたが、それについて番組前半で取り上げた。その際、ネット上で「自慢話だ」などの批判があったことを知ったことが、号泣の原因だったようだ。小林は、自身の体験を綴ることで就活に悩む読者に少しでも参考になればという、真面目な思いから公開したと説明していたが、思わぬ批判に深く傷ついてしまったようだ。

 この小林の姿に、ネット上からは「情緒不安定?」「生放送中に泣くとかありえない」「やっぱり非常識」というネガティブな反応がある一方で、「自慢話って言ってる奴はまやちゃんを妬んでるだけでしょ」と擁護の声もある。

 小林といえば、同番組のロケ企画『大家族に学ぶ! ちょい知恵生活バイキング』で大家族の家庭を訪問したが、その際、夫妻に対して「貯金しているようには見えない」という失礼な発言をしたり、旦那さんが夫婦円満の秘訣に「相性」を挙げたときには「相性? 体の?」というお昼の番組らしからぬ返しをしており、その非常識ぶりに批判が相次いだことも記憶に新しい。しかし、その一件でよくも悪くも話題になったことから、同企画は番組内の人気コーナーの一つになり、小林に対しても注目が集まる結果になっている。

 なお、今回の号泣騒動について、一連の流れを見ていた同番組の金曜MC・雨上がり決死隊の宮迫博之(44)は、放送終了後に自身のTwitterで「小林麻耶に私はいつも助けられている。あんなにいじりやすく話しのオチにしやすい人材は中々いない」「本番終わりに彼女に詳しく聞いてみたところ、性格もろもろを嫌いだとか言われるのは平気だけど、真剣にやっているブログをあんな風にいじられるのが耐えられなかったのだ。ただいじられて可愛いこぶってるだけじゃ無い彼女の新たな一面を見て更に絶っ対必要な共演者だと強く思うのであった」とつぶやき、小林を高く評価している。また、共演者であるウーマンラッシュアワーの村本大輔(33)も「バイキング、小林まやさんの涙にやられてしまった。。頑張って!小林さん。。」とTwitterからエールを送っていた。いずれにせよ、共演者たちは小林を好意的に受け止めていることは間違いなさそうだ。

 ただ、今回の小林の振る舞いを「あざとい」と感じる人が存在するのも事実なようで、号泣やロケ企画での非常識ぶりはすべて「ブレイクを狙った計算なのでは」と訝しむ声もある。確かに、小林はここ最近目立った活躍がほとんどなく、彼女にこれだけ注目が集まったのは久しぶりだ。もし、これまでの言動が計算の上で行われているものだとしたら、今のところかなり成功しているといえるだろう。ぶりっこ、非常識、そして泣き虫キャラまでが開花したのだとしたら、彼女は一体どこまで登りつめるのだろうか…。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング