「股間に手を入れるのが好き」 バブル女に憧れる信長の末裔

メンズサイゾー / 2014年5月13日 16時30分

写真

 4月に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)では、涙ながらに「表舞台から消えたい」と語っていたプロフィギュアスケーターの織田信成(27)。しかし、本心とは裏腹にテレビ界は彼のことを放っておかない様子だ。5月に入ると、『本当にスゴい実話~世界が驚いた史上最強ミラクルストーリー! 今こそ知っておきたい逆転だらけの2時間SP』(フジテレビ系)では、ゴールデンタイムでいきなり司会に挑むなど、精力的に活動している。

 さらに12日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演した彼は、ネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアルといった芸人たちを相手に、臆することなくスタジオを駆け回る活躍。「デートでスケートリンクに行ったときには、自前の靴を用意した」など、プライベート事情も語るなど、見事なバラエティ力を見せていた。

「織田くんの良い所はなんといっても、見ていて不愉快にならない点ですよね。微笑ましいというか、この日の放送でも、鼻くそをほじっていたシーンをカメラに抜かれたことがあると話していましたが、そういった恥ずかしいエピソードを自ら進んで、それも笑いながら話す態度には好感が持てます。彼の特徴として、すぐに泣くというのが挙げられますが、感情表現が素直だからこそですよね。そうした素直さが人気につながっているのではないでしょうか」(業界関係者)

 やめられないクセは「すぐに股間を触ってしまう」ことだと明かした織田。「気をつけないと今でもやってしまいそう」という織田の顔は、やはりここでも笑顔。さらに、好きな女性のタイプとして「バブルの匂いがする女性」や「ワンレンボディコン肩パット」に憧れているが、「セックスアピールの強い女性は苦手」だと語る織田。しかし、芸人たちから「でも、女性の胸元が開いていたら見ちゃうでしょ?」と聞かれると、少し興奮しながら「み、見る」とつぶやく。矛盾する解答ながら、そこにもやはり彼の素直さがにじみ出ていた。

 その後、番組の中で、スタジオが引くほどの本気のゴリラのものまねを披露した織田。観客から小さな悲鳴が漏れるようなものまねだったが、彼はそれを最後まできっちりやりきり、「ありがとうございました」と頭を下げる。決して爆笑するようなネタではないが、礼儀正しく頭を下げるところなどは彼の個性に合致したオチとして成立していた。

 「自分がバラエティに出る以上は、みなさん(芸人)と同じ立場に立って一生懸命がんばらないといけない」とゴリラのものまねの後に語った織田。もはやここには、「表舞台から消えたい」と思っていた男の姿はない。だが、それはバラエティに味をしめたとか、テレビが楽だからといった理由ではないだろう。彼の言葉にあるように“ただ目の前の課題を一生懸命にこなす”、それが織田にとって自然なことで、バラエティにとって新鮮な笑いとなっているのだろう。泣き顔で人を幸福にする男は、まだまだバラエティ界を席巻しそうだ。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング