貞操帯・レズ・幽霊・フルヌードetc 橋本甜歌、記念すべき初主演作『妹ちょ。』で大暴走!?

メンズサイゾー / 2014年5月14日 12時0分

写真

 累計75万部を売り上げ、今年1月からはアニメ化もされた人気コミックス『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』(以下:『妹ちょ。』)が、ついに実写映画になりました!! 松沢まり原作の同名コミックス(KADOKAWA 富士見書房刊)をベースに、写真集『スクールガール・コンプレックス』シリーズ(イースト・プレス)や『絶対領域』(一迅社)『パイスラッシュ -現代フェティシズム分析-』(エンターブレイン)といったフェティシズムあふれる写真集で話題を呼ぶ写真家・青山裕企と、セクシー系映像からPV、CM、Vシネなど多岐にわたりディレクターとして活躍する伊基公袁の二人が共同監督で手がける本作。両親の再婚で出来た義理の兄、夕哉(小林ユウキチ)を相手に、なかなか素直になれない日々を送る少女・美月。そんな彼女に突然、自称“幽霊”少女・日和(繭)が取り憑き、お兄ちゃんとラブラブな行為をしないと彼女が成仏できないうえに、美月自身も死ぬという無理難題を押し付けられてしまうーー!!

 そんな美月役を体当たりで演じたのが、橋本甜歌。ジュニアアイドルとして活躍後、現在ではギャル系ファッションのカリスマモデルとしても活躍する彼女。本作では一糸まとわぬ姿でお兄ちゃんと絡んだり、日和とのレズシーンに挑んだりと、エロとフェチにまみれた原作に負けず劣らずの大活躍を見せてくれます。二十歳を迎え、新たな境地に突入するそんな彼女に、今回メンズサイゾーが突撃しました!!



■マンガの“ちょいエロ”に、じわっと感じちゃいます!!

──人気コミックスの実写化ということなんですが、漫画の実写化というお話を聞いた感想は?

橋本甜歌(以下、橋本):わたし、マンガがすっごく大好きなんですけど、最近はマンガの実写化って多いじゃないですか。実は個人的に、あんまりマンガの実写化って感心しなくって。

──いきなり否定から入りますか(笑)。

橋本:いや、でもたぶん皆さんもそうでしょうけれど、自分の好きなマンガだと、頭の中ですでにイメージができてると思うんです。それを実写でやったら、イメージが崩れちゃうんじゃないかって思うワケですよ。特にこの『妹ちょ。』の場合、お話を最初にいただいたときも、実写でやったら生々しくなるんじゃないかって思っていたので、最初は「う~ん、どうなんだろ」っていう感じでしたね。

──それが出演へと気持ちを向かわせたのは?

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング