『花咲舞が黙ってない』ゲスト出演が大絶賛…中村静香に本格ブレイクの兆し

メンズサイゾー / 2014年5月16日 15時30分

写真

 5月14日に放送された人気連ドラ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)の第5話にゲスト出演した美女に注目が集まり、ネット上で「可愛すぎる」「あの子は誰だ!?」と話題になっている。一部ニュースサイトでも取り上げられるほどの現象となっており、新たなスターの誕生を予感させている。

 話題となっている美女は、グラビアアイドルで女優の中村静香(25)。第5話で杏(28)演じる主人公・花咲舞の友人の銀行員を演じた。中村のシーンが放送されると、Twitterなどで「めちゃくちゃ可愛い子がいる」「すげータイプの子が」「どこかで見たような気がするけど誰だ?」などといった声が多数噴出。一躍、世間の注目の的になった。

 中村は02年に13歳で芸能界デビュー。翌年に『全日本国民的美少女コンテスト』のファイナリストになり、美女タレントの名門・オスカープロモーションに入った。アイドル活動と同時にグラビアにも進出し、88センチFカップの豊かなバストと男好きする“ちょいぽちゃ”体型でグラビアファンの支持を獲得。女性向けファッション誌『CanCam』(小学館)の“ぷに子”特集で代表的なアイドルとして取り上げられたこともある。一昨年に出演したグリコ乳業『ドロリッチ』のCMにドロリッチガールズとして出演したことで、さらに知名度が上昇。また、酔って陽気になる姿が可愛いことで知られ、テレビ東京の深夜番組『ゴッドタン』の企画「アイドル飲み姿カワイイGP!」では第一回から無敵の三連覇を達成している。

 もともとアイドルファンの間では知られた存在だったが、グラビアや『ゴッドタン』での飲み姿と女優業のイメージが結びつかず、気付かなかった人が多かったようである。また、今期トップの高視聴率ドラマに出演してアイドルファン以外の目に触れたことも「あの子は誰?」騒動の大きな要因になったようだ。

 あまり世間的には女優のイメージがないらしい彼女だが、実は演技の経験は豊富。20本以上のドラマに出演しており、『ライフ』(2007年/フジテレビ系)や『美丘-君がいた日々-』(2010年/日本テレビ系)など話題作でメインキャストを務めたこともある。

 だが、彼女が話題になるのはレギュラーではなく、決まってゲスト出演の時。11年放送の『勇者ヨシヒコと魔王の城』(テレビ東京系)にゲスト出演し、魔法をかけられた巨乳娘を演じた際にも「可愛すぎる」などとネット上で注目された。また、特撮番組『獣電戦隊キョウリュウジャー』(テレビ朝日系)で美人歌手・Meekoを演じた際も、特撮ファンの間で大きな話題になった。今回の『花咲舞』でも、まさに1話限りのゲスト出演が光った格好だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング