ASKA容疑者逮捕の余波続く…相棒・CHAGEにネット上で同情集まる

メンズサイゾー / 2014年5月24日 12時0分

写真

 覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者(本名・宮崎重明=56)が、容疑を認める供述を始めたことが23日に分かった。当初は「暴力団員から譲り受けたが、覚せい剤ではなくアンナカ(興奮鎮痛剤)だと思っていた」と否認していたASKA容疑者だが、一転して「覚せい剤を使ったことがある」と供述。当局は週明けにも同法違反(使用)の疑いで再逮捕する方針を固めている。

 「週刊文春」(文藝春秋)で薬物疑惑が報じられてから一貫して強気に否定していたASKA容疑者。だが、尿検査や毛髪検査で陽性反応が検出され、愛人宅のゴミ袋から押収された精液付きのティッシュからも覚せい剤の反応が見つかった。自宅から使い残しの粉末や合成麻薬MDMAが発見されたこともあり、もはや言い逃れはできないと観念したようだ。

 やっと容疑を認めたASKA容疑者だが、その代償はあまりにも大きい。かつての栄光は地に落ち、コンプライアンスが重視される昨今の芸能界では復帰も難しいのではないかとささやかれている。これは間違いなくASKA容疑者の自業自得であるが、ネット上では今回の騒動で何も悪くないのに多大な迷惑を被った相棒のCHAGE(56)に同情が集まっている。

 ASKA容疑者が送検された18日、広島でイベントを開いていたCHAGEはファンに謝罪。さらに、公演後に緊急記者会見を開き、報道陣の前でも「メンバーとして深くおわび申し上げます。申し訳ございません」と頭を下げた。長年コンビを続けてきた相棒とはいえ、相手はもう還暦も見えてきた立派な大人。ただでさえ相棒の逮捕で消沈しているCHAGEが、矢面に立って謝罪しなくてはならない状況に憤りを感じた人も多かった。挙げ句の果てには、帽子を取って謝罪したために一部の匿名掲示板で頭髪の薄さをイジられる始末だった。

「覚せい剤などの薬物事件は現行犯でないと逮捕は難しい。それでも警察がASKAを逮捕できたのは、夫の異常な言動に困惑していた元アナウンサーの夫人の証言があったから。夫人の相談に乗っていたのがCHAGEであり、彼女から得た情報を関係者を通じて警察に伝える手助けもしていたようです。当然、ASKAが逮捕されて得することなど一つもない。それでもASKA本人のため、夫人らASKAの家族のため、CHAGEは苦渋の決断で立ちまわった」(週刊誌記者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング