「地引き網をすべての曜日に」「共演者の熱愛疑惑」 低視聴率から抜け出せない『バイキング』が迷走中

メンズサイゾー / 2014年6月14日 14時0分

写真

 4月1日にスタートしてからというもの、視聴率が芳しくないことで話題になっている『バイキング』(フジテレビ系)。先月27日には、ついに視聴率1.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という破滅的な数字を叩き出し、同局の正午帯の最低視聴率を更新してしまった。

 この悲惨な状況に、同番組の全面リニューアルの話が持ち上がっているという。最新号の「週刊現代」(講談社)によると、フジ局内では現状打開策として同番組の月曜日の人気コーナー「地引き網クッキング」を全ての曜日で放送するという案が出ているとのこと。同コーナーは、お笑いコンビ・サンドウィッチマンが全国各地で地引き網の模様を生中継し、その場で獲れた魚を調理するというもの。中継先となった地方局での視聴率は10%を超えることもあるほどの人気ぶりだ。だからといって、全ての曜日で同コーナーを展開しても今度は視聴者が飽きてしまうという可能性が出てくるが…。

 これには、サンドウィッチマンの所属事務所も「さすがに毎日地引き網は…」と難色を示しており、フジ局内では彼らの代わりに他のタレントに地引き網をさせた場合、これまでの人気が保てるのかという不安が生まれているらしい。

 こうした『バイキング』のテコ入れ策はこれだけではない。発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)では、同番組の火曜日MC(隔週)であるEXILEのTAKAHIRO(29)と、同じく火曜日に出演しているフジテレビの加藤綾子アナ(29)の熱愛報道を仕掛け、その話題性で視聴率アップを狙っているとの話が報じられている。

 しかし、TAKAHIROは元AKB48の板野友美(22)との熱愛が度々報じられており、加藤アナは今年2月にテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(27)との高級割烹デートがスクープされたばかり。とはいえ、TAKAHIROと加藤アナは11年ごろに熱愛疑惑が報じられたことがある仲。現在TAKAHIROと板野は冷えきった関係で、加藤とメールなどで連絡を取り合ったり、同番組の楽屋裏では恋人のようなムードで盛り上がっていることもあるという。そんな2人の関係をこのタイミングで視聴率に還元させようという目論見だ。

 どちらのテコ入れ策も、瞬発力はあれど持続力は期待できそうもなく、番組を盛り上げる抜本的な改革にはならないように思える。低視聴率のぬかるみから抜け出せず、迷走し続ける同番組に何か画期的な策はないものか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング