「業界で権力を持つオジサンと仲良くなるのが大事」 元祖過激派グラドル・森下千里の趣味はオヤジ転がし!?

メンズサイゾー / 2014年6月16日 14時45分

写真

 15日に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)にグラビアアイドルの森下千里(もりしたちさと/32)が、「業界で権力を持つオジサンと太いパイプを作るため、オジサンが好きそうな趣味に手を出しまくっている」ことを反省した。「結局、世の中ってオジサンが実権握っているじゃないですか。だからオジサンに気に入られるのが大事」と堂々と発言する森下。そんな彼女に対して、ネット上では「あざとい」「こういう女嫌い」などの反応のほか、「意外と頭いいな」「行動力すごすぎ」と賛否両論巻き起こっている。

 番組では、かつてバラエティ番組などで活躍していた森下だが、その人気にかげりが見えると、「業界での生き残りをかけて、オジサン好みのあらゆる趣味に手を出し始めた」と紹介。実際に森下は、「ゴルフ」「釣り」「株」などの趣味を持つようになったという。

「ゴルフの腕前もコンスタントに100を切るようですし、釣りもしっかりと自分で道具を用意して遊びに行くようです。株に関してはシステムトレーダーとして専門誌にインタビューを受けるほど精通しているようですからね。自分では『オジサンに好かれるため』と言っていますが、それだけの理由にしては、いずれの趣味も上級者といえるでしょう。オジサンたちも、彼女のそういうところを見て、好意を抱いているのかもしれませんね」(業界関係者)

 確かに、実際に彼女の公式ブログを見てみると、趣味の投稿はかなり多く、自分も楽しんでいる様子がうかがえる。たとえそれがすべて“オジサンに好かれるため”だとしても、そのバイタリティと行動力は、なかなかできるものではない。始めたきっかけは不純な動機だとしても、それを続けている彼女の努力は大したものだ。

 また森下は番組の中で、オジサンに好かれるコツとして「ちょっと生意気なクチをわざときく」「オジサンには厳しくしたほうがいい」と言っていたが、オジサンたちにとって、そんなことを言ってくれる若い女性は貴重に違いない。しかもあれだけの美人で、趣味にも一生懸命なのだから、多少の生意気なクチなど可愛いとは思っても、憎らしいとは感じないだろう。

 森下といえば、番組でも紹介されていたように、かつてグラドルとして人気絶頂だったころはバラエティ番組にも引っ張りだこで、「私でシコって」や「7種類のキスができる」などの過激な発言で話題を集めていた。しかし、若手グラドルの台頭や、彼女よりさらに過激な発言を連発するオネエたちの出現によって、最近ではテレビの仕事は激減。ネット上では「干された」とウワサが立ち上がるほど、彼女の姿はメディアから消えていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング