放送前から“戦犯”候補? 北川景子、木村拓哉主演『HERO』の新ヒロイン役に大きなリスク

メンズサイゾー / 2014年6月23日 15時30分

写真

 7月14日スタートの月9ドラマ『HERO』(フジテレビ系)に新ヒロインとして出演する女優の北川景子(27)の先行きが危ぶまれている。

 同ドラマは木村拓哉(41)が2001年に主演した連ドラの続編。前作は平均視聴率34.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という記録を叩きだしており、06年にスペシャルドラマ、07年には映画版を制作。シリーズとしては7年ぶり、本編としては13年ぶりに木村演じる型破りな検事・久利生公平が帰ってくるということで期待を集めている大注目作だ。木村は続編ものに難色を示していたというが、それをフジが口説き落とした。前作や映画版は松たか子(37)がヒロインの事務官を務めたが、今作では北川が木村と新コンビを組む。

 これほどの期待作に起用されるなら悪いことはないように思えるが、東京スポーツは「北川景子 キムタク『HERO』コケたら“戦犯”扱いに」と伝えており、もしドラマが不振だった場合は木村やジャニーズ事務所が北川に責任をなすりつけるのではないかとの関係者証言を掲載している。

 その要因となっているのが、北川が主演した映画『悪夢ちゃん The 夢ovie』の不入りだ。同作は一昨年に日本テレビ系で放送された連ドラの映画版。ドラマは平均視聴率11.5%と数字は及第点レベルだったが、小中学生を中心に高い支持を得ていた。北川と同じ事務所に所属する、ももいろクローバーZが“特命宣伝プロデューサー”に就任して北川とともにPRに奮闘。北川とももクロが合体した「きもクロZ」が劇中に登場するなど話題も豊富だった。

 それだけ宣伝に力を入れながら興行収入は大コケだったとされ、人気のピークが過ぎた北川が新ヒロインになった『HERO』も数字が落ち込むのではないかとささやかれているというのだ。映画が不振だったのは、ディズニーの超ヒット作『アナと雪の女王』とかち合ってしまったことも大きな原因だとされている。前ヒロインの松が日本語版劇中歌を手掛けた映画が、北川の“疫病神”説につながっているとすれば皮肉な話だ。

 また、絶対に失敗が許されない期待作でありながら、肝心のキムタクが最近は数字が取れなくなってきているという問題もあると記事は指摘。昨年放送された『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS系)は平均視聴率12.8%と惨敗。今年主演した2夜連続スペシャルドラマ『宮本武蔵』(テレビ朝日系)も第一夜が14.2%、第二夜が12.6%と厳しい数字だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング