「首を吊ったせいでこのような顔に」自殺未遂騒動の声優・林沙織、ブログで引退発表も即削除にファンの動揺広がる

メンズサイゾー / 2014年6月24日 16時40分

写真

 自殺未遂騒動でファンを心配させていた声優の林沙織が、23日に更新したブログで意味深な記述とともに引退を宣言した。理由については「首を吊ったせいでこのような顔になってしまったのでもう声優には戻れません」などと記しており、左目の腫れあがった顔写真も掲載。その後もショッキングな内容のブログ記事を続けて投稿したが、いずれも程なくして削除されており、さらなる波紋を広げている。

 今月3日、林は自身のブログに「アトミックモンキーが私を殺す アトミックモンキーの人間に私は殺される」「皆さん、本当にありがとうございました そして、さようなら。天国から、皆の幸せを願って、祈っています」などと自殺をほのめかす文章をアップし、一部スポーツ紙でも報じられるなど大きな騒動になった。

 「アトミックモンキー」とは、林が昨年末まで所属していた声優事務所。退所後は3ヶ月間のフリー活動を経て、今年4月から声優・森川智之が代表を務める声優事務所・アクセルワンに移籍している。ファンの間では前事務所を名指しした記述内容から、何らかの移籍トラブルがあったのではないかとの憶測が飛び交った。

 この時は、程なくしてアクセルワンが公式サイトで「林沙織の無事は確認できております。本人は落ち着いてはいるのですが、まだ説明できる状態にない為、詳細が分かりましたら、改めてご報告させていただきます」と安否を明かし、ファンに向けて謝罪。さらに「なお誰かに危害を加えられたという事実はございませんので、ご安心ください」と綴り、林がアトミックモンキーから嫌がらせを受けたのではないかとの憶測を暗に否定した。

 これで騒動は終息かと思われたが、林は23日に「最後に」と題したブログ記事を更新。「この度は私林沙織が起こした行動によりファンの皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。特に、アクセルワン所属の皆様やスタッフの皆様には、入ったばかりなのにこのような不始末を起こしてご迷惑をおかけしてしまい心よりお詫び申しあげます」と綴ってファンや関係者に謝罪。さらに以下のような意味深な記述をしている。

 「アトミックモンキーさんは何も悪くありません。鬱病を患った私が勝手に思い込んで書いた被害妄想です。一ミリも悪いところなんてありません。あんなに素敵な会社はありません。アトミックモンキーの皆さんは非常に寛大で、深く感謝しております。アトミックモンキーさんのおかげで目が覚めました。人生を変えてくださったアトミックモンキーさんに心よりお礼申し上げます。一命をとりとめたとはいえ、首を吊ったせいでこのような顔になってしまったのでもう声優には戻れませんが、今まで応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング